2017年08月18日

社会人が英語の勉強を続ける工夫

長いこと勤め人をやっていて、学生さんがうらやましいと思うことがある。自分の時間を思いっきり英語勉強につぎ込むことができるからだ。

でも、社会人でも工夫すればかなりの勉強ができるように思ってきたのも確か。そこで今日は働いている人が英語の勉強を続けるにはどうすればいいか、自分の体験から語ってみようと思う。


1)通勤電車を活用する

やはりおっちゃんにとって一日の重要な移動手段は「電車」である。とくに都市圏に住んでいる人はまず間違いなく公共交通機関を使うと思う。

実は電車は、勉強するには最高の場所を提供していると思う。それは移動時間は何もしないと退屈という現実があるからだ。ただ移動するだけだと、目的地に着くまで正直暇(ひま)である。

通電車で周りを見渡してみると、今は大部分の人たちがスマホで時間をつぶしている。ゲームをしたり、動画をみたり、漫画を読んだり。もちろんおっちゃんたちは(紙の)新聞を読む(しかも起用に縦長に折りたたみつつw)昔からの風景もあるにはある。いずれにせよ、サラリーマンと言う種族は電車で何かしらの方法で移動時間をつぶしている。

目的地に着くまでの時間、これを勉強に使わないのはもったいない。一日1時間を通勤時間につかっているとするなら、これを自己研鑽に使うと、一年で365時間(実際には出勤日を考えると200から240時間程度かな)も使えることになる。

電車での移動時間が勉強に適している理由は二つある。

一つは移動時間は自分一人しかいないこと。

おっちゃんは家庭をもち、職場ではそれなりの責任を負わされている。つまり家でも職場でも常に報告を受け、相談され、判断を迫られているのだ。おっちゃんには1人でいられる時間と場所がないのだ。

電車の中に他人に囲まれていることは確かだが、知り合いではないので、話しかけられることもないし、気を遣う必要もない(もちろん公共空間なので最低限のマナーを守る必要はあるがw)。物理的には1人ではなくても、心理的には「1人でいる」ことになる。

誰からも邪魔されず、誰からも話しかけられず、1人でいられる最高の空間だ。

二つ目は、移動時間には終わりがあるので、集中できること。

おっちゃんは一つのことに集中できる時間がない。家ではお茶入れろ、洗濯ものをきちんとかごに入れろ、などヨメからさまざまな用事を言いつけられ、子どもからやってる遊びの報告を受ける。職場では、突然の来客や外からの電話で自分の作業がさえぎられる。社会人を長くやっているとおっちゃんは集中力を持つ機会が圧倒的に減る。

ところが移動時間、とくに電車は目的地(乗り換え地)に着くまで30分とか20分とか、ちょうど集中力が持続しやすい時間が移動時間にはある。終わりが決められると、人は集中しやすい。

誰からも邪魔されず、目的地への到着までの間、1人で集中できる最高の時間だ。



2)短い時間を活用する

ニコラス・カーの有名なエッセイじゃないけど(Is Google Making Us Stupid?)、私たちは一つのことに集中できなくなってきているようだ。

スマホは人から集中力を奪うものになっているし、パソコンで仕事する人はおそらく経験があるだろうけど、ブラウザを開きっぱなしで、意味もなくGoogle検索やメールの確認をしている。

間違いなく、私は集中力が続かなくなっている。試験での驚異的な(笑)集中力を示す以外は、何かと注意散漫な状態だ。

注意力不足は、勉強に悪影響を生む。

音読していても、だんだん違うこと考えながら惰性で音読し始めるし、リーディングの勉強していても、字面ばっかり目で追っていて、気が付いたら頭に何も残っていないということがしょっちゅうだ。

集中力を生み出す方法は、「〆切時間」を設定することだ。私がよく使うのは「10分勉強」だ。

勉強やる気なくても、10分だけ勉強しようと決めること、手元のストップウォッチやタイマーを活用し、10分とにかく集中しようとする。

これは意外に効果が高い。電車の移動時間と同じように短い時間で終わらせようとするので、とても集中ができる。

そして、教材を3種類ぐらい用意しておき(単語、読解、音読用とか)、それを10分で回すのだ。一つの材料を3回に分けてやるというのもいいけど、私としては種類が多いほうが飽きがこない。

一つの「10分勉強」が終わったあと、次の「10分勉強」に行く前のだらだらする時間の方が10分より長いことはしょっちゅうだけど(笑)、集中したらとてもよく勉強が進む。次の予定がないのであれば、その勢いで20分ぐらい勉強することもある。

もちろん時間ではなく、勉強教材を一日一単元と決めることもあるけど、時間で区切ってやっていくと集中しやすい。

それに忙しいビジネスマンでも一日10分を作り出すことは簡単だ。その10分を何につかうのか、Twitterのタイムラインを眺めるのか、それとも勉強するのか、ちょっとした時間でも積み重ねれば違いが出る。


3)生活に組み込む

結局、勉強は毎日の「小さな」積み重ねと感じている。ある1日に一挙に5時間勉強して次の4日間なにもしないよりも、5日間1時間だけ勉強を続けるほうがいい。

確かに学生の方が時間はあるかもしれない。でも勤め人のよさは生活が比較的リズム正しく行われているという点だ。

リズム正しい生活に英語を学ぶ時間を組み込むことができれば、毎日のルーティンとなる。毎日のルーティンになれば、「勉強するぞ」と意気込まなくても、勉強を自然に始めることが可能である。

朝早く起きて、単語を勉強するのもいいし、音読をしながら、体を目覚めさせていくのもよい。

通勤時間には、問題集を開いて、解いていくのもいいし、疲れたらリスニングの時間にあてればよい。

帰宅して、ご飯のあとに好きな英語のドラマを繰り返してみるのもいいし、お風呂では暗唱を確認するのもいいだろう。

いずれにせよ、結局、重要なことは、

「勉強習慣を場所と時間に紐づける」

ことだ。つまりこの場所にきたら、この時間がきたら、体が自然に勉強に向かうように、生活リズムに組み込むようにする。そうするといきって勉強しなくても済む。

たしかに大量の時間を英語につぎ込むことはできないのは認めざるを得ない。でも毎日、意識して集中して、何を学んでいるのか、何を身につけようとしているのか、目的意識が明確になっていれば、短い時間でもかなりのものが身につくように思う。

ここ3年間働きながら英語を勉強して感じたことである。
posted by NOBU at 19:40| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

IELTSスピーキングの模擬練習

IELTSスピーキングの模擬練習をはじめた。

まず1カ月の予定で、3カ月ぶりにDMM英会話を復活。

DMM英会話の先生からとてもいいホームページを教えてもらったのでシェア。

IELTS Speaking Test Questions & Answers

カナダのものらしいけど、実際のテストで使われた問題が大量にアップされるとともに、Part2の問題では参考解答(Cue Card)があり、Part3でも参考解答が載っている。模範解答の音読材料としても活用できそうだ。

DMM英会話が提供しているIELTS教材は使い尽くした感があるので、この教材の

Cambridge IELTS Book 12 Full Speaking Tests & Answers

を使ってDMM英会話で練習している。(しかし公式本の内容がそのまま公開されているなんて、著作権的に大丈夫なんだろうか。)

また、音読生活のangelさんにもIELTS対策をしていただいた。

これはとてもよかった。周りにIELTSを受けていて、かつ自分より高いスコアを持っている人がいないので、対策方法等が参考になった。

Part1は、即座に反応できるように、Part2は配点が大きいので、幅広い語彙でしっかり話す、Part3はできるだけ長く、詳細に、などといったTipsをもらった。

また自分のスピーキングのフィードバックを日本語でもらえるものありがたいし、先生をやってる方なので説明も丁寧。無料で受けられて感謝しかない。(→ありがとうございました。)

モチベーションもあがったのでスピーキング練習がんばろう。

posted by NOBU at 09:18| Comment(0) | スピーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

IELTSボキャ本

前回のエントリーでは、IELTSのボキャ本をInputリスニング対策としてスクリプトをシャードイングしていくことにしたといったけど、ちょっと方向を変えている。

やっぱりInput全体を見直す意味を含めて、ボキャ本をもう1周繰り返すことにした。単語が確認できるとともに、リーディングも復習になり、リスニングも問題を解く過程で再度よく聞くことができるからだ。



この本の学習時間がなかなか取れないので、通勤時間をあてている。

やっぱりこの本いいわ〜

DGVk1qAVoAAJp96.jpg

posted by NOBU at 09:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

IELTSのリスニング対策

前回,IELTSのリスニングが過去最低となったので,さすがに対策する必要があるだろうと思っている。

そこでこの教材のリスニングスクリプトの確認とシャドーイングをしておこうと思った。



スクリプトをOffice Lensで撮影し,Wordに移行。

その後,スクリプトを聞きながら,目を通して,間違いを修正。そしてわからない表現を書き出し,辞書で確認した。

ようやくこの作業が2週間かかって終了。

File_000.jpeg

これからは聞きながら,シャドーイングに挑戦しつつ,試験に使われそうな表現を身につけていこうと思う。
posted by NOBU at 18:16| Comment(0) | リスニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

同じ参考書を・・・

私は基本的に同じ参考書を繰り返す。あまり目移りしない方だ。繰り返す方が要領がいいし、回数が増していくにしたがって身についていく部分が増えていく感覚が味わえる。

実はIELTS対策は英検の合間に受けているところがあって、あまり繰り返していなかった。

使った参考書は以下の三冊。

1回目の受験時にはこれを一通りやった。


2回目の受験の際には以下を一通りと上記本の作文を再度やった。


3回目の受験時は、Output2技能のみに特化して以下の本をやった。


先月のIELTSの結果が思わしくなかったので、秋の英検も受けないことに決めた。となると英語勉強をIELTS一本にすることができる。(本当は7月あたりからNHKの現代英語とかやりたかったが)

ということで今後の方針として、

(1)Output2技能の強化
これは『スピーキングライティング完全攻略』を続ける。載っている問題はすべて自分で書いている。

(2)Input2技能の維持
リスニングがリーディングより低いことから、まずAdvanced Vocabulary本のリスニングパートのスクリプトをパソコンに入れて知らない表現をつぶし、シャドーイングの勉強材料にする。そのうち、『完全対策&トリプル対策』の方にも移行していこうと思う。

英検の時はとにかく過去問を繰り返した。IELTSも本当は公式本の繰り返しがいいけど、各技能別の勉強法が気になって上記のラインアップになってしまった。とにかくこれらを繰り返していこうと思う。
posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

暗唱プロジェクト3回終了

高校教科書の暗唱プロジェクト,3回終了した。



一回目は4ヶ月
二回目は2ヶ月
三回目は1ヶ月

で3回,回すことができた。とくに2回目と3回目はICレコーダーのA-B間リピート再生のおかげで非常にはかどった。

英語勉強の時間があまりとれないので,電車の中で繰り返し聞き,口をあまり開かないようにしながら電車の中で暗唱を試していた。自宅のお風呂とかベランダで普通の声で暗唱を試してみたりして暗唱の度合いを確認したりしてきた。

おかげで基本的な文法表現,基礎的な単語が身についたように思う。ライティングではとくにそのことを実感する。それでも過去形を暗唱して,それが過去形として体が反応しているかというとそうではないし,自然に冠詞の感覚が身についているかというとまだまだである。

その意味では暗唱をもっとももっと続けていきたい。この高校教科書を自分のコアに育てていきたいと思っている。



今後も暗唱を続ける予定だけど,実は大きな問題点を抱えていることがわかった。

それはスピーキング能力の向上,とくに発音面での改善が弱いという点だ。やはり大きな声でやらないと意味がないし,自分の発音を録音して聞いて改善を意識しないといけないと思う。

それに昨日教科書の音声でシャドーイングしてみたけど,CD音声よりも速くできるところもあれば追いつかないところもある。録音をしてないけど間違いなく発音できていないフレーズもある。

とくにサラさんのこのブログ記事を読んでとくにそう思った。

それってシャドーイングって言えますか

臨界点(tipping point)の向こう側を覗いてみたいと思う。
posted by NOBU at 10:00| Comment(0) | スピーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

IELTSアゲイン

次回のIELTSを申し込んだ。

もう少し時間おかないと,ライティングは伸びないかもと思ったけど,躊躇してもしかたがないのと,試験形式に慣れているという意味を考えて,約3ヶ月後の9月30日の回に申し込んだ。

やっぱり試験日程を決めないと真剣に取り組めないので。

今から約3ヶ月間がんばろうと思う。

(英検ブログからIELTSブログになってきているwww)
posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする