2015年06月05日

過去問復習から(2)

リスニングについて感じた事。

リスニングではPart1の会話では慣れない口語表現でそこをついている。

<Part1>
2014-2、No.3の女性の発言(内容は上院議員の贈収賄容疑について)
With all the evidence against him, he'd be a fool not to.
But the odds are so stacked against him. 略
You don't think he'll get off, do you?

これで問題は、What does the woman think about the accused?

he'd be a fool not toという表現に戸惑い、the oddsで?となり、get offでなんじゃこりゃ、となってしまう。ちなみにoddsは勝つ見込み(確率から)とかの意味だし、get offには「降りる」のほかに「免れる」という意味があるらしい。

ただ会話の相手の男性の口調、女性の口調で、雰囲気で答えられるけどww これが英検試験力かもしれん。

この問題は口語となじみのない表現ばかりが選択肢の根拠というつらい問題。

<Part3>

ここは表現というよりも問題のクセについて。

例えば2013-3のNo.24。
Situation: You want to take a photography course for the minimum cost. You do not have a camera. You are free Wednesday mornings and Saturdays. You call community center and hear the following recorded message.

下線部は、状況説明、そして太字は制約。この制約が3つあると、ちょっとひっかけてくる可能性が増える。

これは普通にコースと金額、そして曜日が説明されてくる。曜日とコースを確認しつつ、最後にひっくり返してくる。
The center provides all equipment for the Portrait and Landscape courses for those who need it. For all other courses, participants can rent a camera for 70$.
と言われて、70ドルのカメラ代が免除されるPortrait courseが最も安いとなる。

制約が三つの問題は、「どんでん返し」に注意。

posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | 過去問/模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

過去問復習から(1)

過去問5周目が終わって,何回か出会うけど,身についていない表現なんぞをちょっと備忘録として。

<語彙>
問題文中によく出てくるburglary(強盗)に注意。

<長文>
in the wake of
in one's wake
「跡を追って」とか「引き続いて」「〜の後に」「〜をきっかけに」という意味。

例)
In the wake of its defeat in World War I, Germany underwent an abrupt political shift.
(The Weimar Republic and the Kapp Putsch, 2014-3)

The local farmers expected NAFTA to compound the economic rift left in the wake of such action.
地元の農民はNAFTAはその行為をきっかけに経済的な亀裂を悪化させると思った。
(The Zapatista Movement, 2014-2)

a new generation of socially aware working-class playwrights emerged in its wake.
社会的に注目される労働者階級の脚本家の新世代は、それに引き続いて起こってきた。
(The Career of Terence Rattigan, 2014-1)

on the heels of も似た意味

例)Another surprise followed on the heels of this discovery when a 150-million-year-old fossil of a juvenile Sciurumimus albersdoerferi, a newly discovered species of large predator, was unearthed.
新しい種の捕食恐竜の発見をきっかけに、別の驚きが続いた。
(Feathered Dinosaurs, 2013-3)

take a hard line(強硬路線をとる)
Lincoln took a hard line against this stance,
(Britain and the American Civil War, 2013-2)

in the first place(そもそも)
例)It will encourage the very model of uniform agricultural production that brought about the problem of VAD in the first place.
(Golden Rice,2013-2)

The KPCS cannot be expected to tackle issues such as those in Zimbabwe because it was not designed to deal with in the first place.
(The Fight over Conflict Diamonds,2012-2)
この表現はどちらも選択肢として表れており,どちらも正解になっている。この表現は正解確率100%。

stem from (由来する)
This situation stems from the fact that the US was once a loos coalition of independent states.
(Washington, DC, 2012-3)
結構出てくるので,例文は1個だけで。

また他動詞で使う時は「抵抗する,食い止める」になる。

例)Managers at NASA had put heavy pressure on contractors to stem balooning costs・・・
(The Hubble Space Telescope, 2013-3)

パス単は「茎」で覚えるけど,圧倒的にこっちの用法が英検長文では普通。(余分だけど,entrenchも「安全に身を隠す」(パス単)で覚えるよりは「確立させる,定着させる」と覚える方がいい。)

be slate for 予定する
the two reactors ---(略)--- are slated for permanent closure within the next decade.
(A New Kind of Nuclear Problem, 2014-2)

単語
reel 巻くという意味だけど、「戻ってきている」感じの単語
Still reeling in the aftermath of World War II, the British public flocked to such plays.
(The Career of Terence Rattigan, 2014-1)

This failure dealt a serious blow to the status of NASA, which was still reeling from the tragic explosion of the space shuttle Challenger in 1986. (deal a blow 一撃を加える)
(The Hubble Space Telescope, 2013-3)

stature 成長、本能、背丈
The diminutive stature of the first feathered dinosaurs
(Feathered Dinosaurs, 2013-2)
Lincoln's handling of the crisis raised the Union's stature in the eyes of Britain.
(Britain and the American Civil War, 2013-2)

reverential, reverence(崇敬する,崇敬)
the traditional British reverence for gentlemanly amateurism
(The Death of a British Hero,2012-3)

歴史ものでは、enduringは永続的に、長く続くという意味で使われたり、我慢する、という動詞でも使われる。


posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | 過去問/模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

ミニ模試に再度チャレンジ

過去問も6周するとちょっと飽きてきた&実力を試してみたいというのもあって、前回の英検前にやっていた『毎日ミニ模試英検1級』を本棚から取り出してきた。

この本は、2009-2,3、2010-1,2,3、2011-1,2,3、2012-1の過去問から再構成されている。2011-3、2012-1はすでに6周やっているが、これ以外の過去問も入っているので、ちょっと新鮮。

通勤時間を利用して全部解いてみた。結果はこちら。(前回の結果は、ここ。)

ミニ模試結果.jpg

リスニングは、以前全スクリプト何回も音読したのに、結構戸惑った。

気になるのはDAY8の空所補充。Medical Decisions in the United Statesの文章。子どもの医療に対して親がどこまで、司法がどこまで関与できるかという話。日本でも話題になるけど科学的根拠のない代替医療を親が子供に強制できるかという話で、非常におもしろかったので読解は集中できたけど、(1)細部が読み取りにくかったのと、(2)カッコの場所が全部後半という珍しいパターンにとまどった。大体はカッコは段落の前半、根拠は後半なんだけどこの問題は逆パターン。

約半年ぶりだったけど、やっておいてよかった。ちょっとパターンが違うのを体験できただけでも収穫。
posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | 過去問/模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

Junさん主催のSkype模試に参加した

いつもブログを読ませていただいているJunさんのSkype模試英検ver.に参加させていただいた。(5月26日から28日の3日間)

2014年度第2回

大問1(語彙) 25/25
大問2(空所補充) 6/6
大問3(内容一致) 18/20 
リスニング 34/34 (1.5倍速)
合計 82/85(正答率96%)

2014年度第1回

大問1(語彙) 25/25
大問2(空所補充) 6/6
大問3(内容一致) 20/20 
リスニング 32/34 (1.5倍速)
合計 83/85(正答率98%)

2013年度第3回

大問1(語彙) 24/25
大問2(空所補充) 6/6
大問3(内容一致) 20/20 
リスニング 34/34 (1.5倍速)
合計 84/85(正答率99%)

まぁなんというか,6回目だからな〜満点をとってもいいところなんだけど。それでも語彙、空所補充は比較的コツがつかめてきた。リスニングも何度も聞いているというのはあるけど、解くときは解答選びの根拠、ひっかけのところが聞き取れるかどうかに集中している。

Skype模試というのは初めてだったけど、同じ時間に同じ問題に取り組んでいるというのは刺激になった。参加させていただいたJunさんに感謝です。

これから過去問は何度も読みつつ、覚えていない単語、表現の吸収に集中する。
posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | 過去問/模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

過去問13日連続シリーズ(12)

過去問4週目を13日連続シリーズと銘打ってやってきたけど,1日に二つ解いた日があったので,今日で最後。

2011年度第3回

大問1(語彙) 25/25
大問2(空所補充) 6/6
大問3(内容一致) 18/20 
リスニング 34/34 (1.2倍速)
合計 83/85(正答率98%)5点右斜め上

この回は内容一致で苦労してきたが、なんとか一問ミスで終えた。

問題はStradivarius ViolinsのNo.35。意味が取れているのに選択肢が選びきれない。contemporary(同時代の人)というのが読み切れておらず、現代の職人のイメージを持っていた。his contemporariesを勝手に現代で受け継いでいる人達かと思った。

確認してみよう。
本文
(1)Stoelはストラディバリウスの木材の密度を現代のものと比べてみた。
(2)ストラディバリウスは均一であることを示した。
(3)密度のバラエティが音の振動を変えるのでこれは重要な違い。
正解選択肢
It showed that Stradivari made his instruments from wood that vibrates in a different manner from the wood used in modern violins.

選択肢の長さはこの回はほとんどが同じで、短いのが正解というセオリーはここでは通用しなかった。ただ一番長いのは読ませて受験者に時間を使わせるフェイクのような気はしている。

とりあえず4週目終了した。ほぼ過去問からは吸収しつくしてきたように思う。

ただ長文とかリスニングで問題を解くには問題ないけど,よく意味がとれていないところ,聞き取れていないところが残っている。とくにリスニングは内容をほぼ把握してしまった。選択肢さえ読めればほぼ正解が導けるので,聞き取れていないところ、質問の聞き取りなどに注意する必要がある。

明日から5週目(長文とリスニングのみ)に入る。5週目は解くというよりも極めていく予定。
posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | 過去問/模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

過去問13日連続シリーズ(11)

13日連続シリーズだけど,今日2つやってしまったので,12日になったw

2012年度第1回

大問1(語彙) 23/25
大問2(空所補充) 6/6
大問3(内容一致) 18/20 
リスニング 34/34 (1.2倍速)
合計 81/85(正答率95%)5点右斜め上

語彙
熟語だけが問題(まぁやってないし,ここは前回試験と同様捨てているが過去問だけは押さえておく。)
No.22 When Jeffrey was introduced to Kumiko at the wine party, he was bowled over.
bowl over(驚かす,感激させる)

No.24 I was totally ripped off. I just saw it online for half what I paid.
rip off(不当に高い料金をとる)

内容一致
急いでやっているので,選択肢の読み間違い。
No.38 it does not restrict, on moral grounds, the freedom of capable people to act in their own self-interest.
does NOT restrictなぜかNOTを読み取っていなかった。。。orz

2012年度第2回

大問1(語彙) 23/25
大問2(空所補充) 5/6
大問3(内容一致) 20/20 
リスニング 34/34 (1.2倍速)
合計 82/85(正答率96%)5点右斜め上

語彙
一つはマークミス…orz

Snap out of it, Annette!
snap out of itで(気を取り直して)

空所補充
Some anthropologists doubt that the physical traits of H. erectus (provide confirmation of) Wrangham's theory.
doubtなので、that節以下は肯定文にすることにより、全体が否定的見解になる。(これはいつもひっかっかている。。。)


これまで内容一致問題でちょっと気づいたことがある。抽象的言い回しに変えて,文章が短い選択肢は正解になりやすい傾向があるように思う。数を数えて実証したわけではないけど,前からそんな気がしている。
posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | 過去問/模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

過去問13日連続シリーズ(10)

2012年度第3回

大問1(語彙) 23/25
大問2(空所補充) 5/6
大問3(内容一致) 14/20 
リスニング 33/34 (1.2倍速)
合計 75/85(正答率88%)4点右斜め下

はじめて前回を下回る結果になった。二つで迷って,選んだ選択肢が間違いの方。ちょっとここはきちんと確認してみよう。

語彙
she shook off the pain and defeated her opponent to win the tournament.
shake off(振り払う)
I was roped into it by my boss because the team was one player short.
rope into(無理矢理説得された)


空所補充
Mister Rogers' NeighborhoodのNo.28.
he showed himself to be (equally persuasive with adults).
これは消去法でしか導けない問題。今回選んだ選択肢
outmatched by the senators(上院議員に負ける)outmatch(勝る)
はoutmatchの単語の意味がわかっていなかった。

内容一致
今回はここが問題。クリアしたと思ったところが元に戻っている。

The Amritsar MassacreのNo.33
選択肢の読み間違い。
Dyer misjudged the ability of his troops to disperse the gathering in a way that would not cause injury to anyone.
を「Dyerは軍隊の判断を誤った/誰も殺さないような方法で集会を解散させること」と読んでしまった。正解は「Dyerは軍隊にはその能力があると誤って判断した/誰も殺さないような方法で集会を解散させること」。能力があると誤って判断したという点がポイント。

The Death of a British Hero
No.38
3.They expressed admiration for the courage Scott's party had demonstrated, but primarily felt disappointed and embarrassed that the expedition had failed.
4.They focused little on the outcome of the race to the South Pole, instead praising Scott for the way he had faced an incredibly challenging task.
本文には「悲しみが広がって,礼拝が行なわれ,記念碑が建てられた。」とあるので,3を選んだが,disappointed and embarrassedという記述はない,と解説にある。でもoutpouring of griefの言い換えとも読めるんだが。
4は,「本や映画が不可能な試練に直面したときの勇敢さと冷徹さを賛美した」とあるので,それが4の後半の置換えだという。でも前半が悩ましい,解説にはないし,本文にはないから言い過ぎと判断したのだけれど。
正直,この問題の正答率が知りたい。

No.41
選択肢を二つまで絞り込んでまた間違いを選んだ。
1.They have managed to restore Scott's image both as a hero and as an important contributor to scientists' understanding of the South Pole.
2.Although they do not directly praise Scott's character, they have succeeded in placing the explore's expedition in a more positive context.
私は,本文「スコットの評価を擁護,彼は南極点に行くのが目的ではなく科学的な目的があった」とあったので1を選んだ。でもThey have managed toの意味を取り間違い。これは「彼らはやり遂げた」という意味。「やり遂げようとした」と読み間違い。。。

リスニング
Part2 No.16
マークミス....orz
posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | 過去問/模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

過去問13日連続シリーズ(9)

2013年度第1回

大問1(語彙) 21/25
大問2(空所補充) 6/6
大問3(内容一致) 20/20 
リスニング 34/34 (1.2倍速)
合計 81/85(正答率95%)12点右斜め上

語彙
the suspect remained adamant that he had had nothing to do with the bank robbery.
adamant(断固とした)
文脈を勘違いしてabrasive(いらいらさせる)を選んでしまった。
Arthur wanted to head off any criticism of his proposal
head off(回避する)
I am barely scraping by.
scrap by(何とか暮らす)
It drowned out the sound of TV.
drown out(音をかき消す)drown溺れさせる→outで消す

まぁ熟語は運頼みみたいなところがある。


posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | 過去問/模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

過去問13日連続シリーズ(8)

2013年度第2回
大問1(語彙) 21/25
大問2(空所補充) 6/6
大問3(内容一致) 20/20 
リスニング 33/34 (1.2倍速)
合計 80/85(正答率95%)5点右斜め上

今回の間違いはやはり何度も間違えているところ。

語彙問題
Can't you use your clout with the boss to get me a couple of days off?
clout(影響力)これはパス単で「殴ること」と覚えていた。別の意味に注意。

the cafe acquired a sleek new look and higher-class clientele to match.
sleek(しゃれた,光沢のある)なのにbleak(寒々とした)を選んでしまった。

Leon was punished for blatantly disregarding school rules when his teacher caught him smoking in the classroom.
blatantly(露骨に)とbashfully(はにかんで)を混同。

She doled out cookies to each for her students and shared the rest with her colleagues.
doled out(分け与えた)4回目なのでいい加減これ覚えてしまおう。

リスニング
Part1 No.9
これは問題文の聞き間違い。
What is one thing Ranjit suggests Dana do?
なのに,Danaが何をするかと勘違い。
ちなみにこの会話には特別な会話表現が多いので備忘録として。
I think she's got it in for me for some reason.(悪意を抱く)
I don't want to come across as the whiny new employee.愚痴をこぼす(whiny)新入社員と思われたくない。
posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | 過去問/模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

過去問13日連続シリーズ(7)

2013年度第3回
大問1(語彙) 24/25
大問2(空所補充) 6/6
大問3(内容一致) 20/20 
リスニング 34/34 (1.2倍速)
合計 84/85(正答率99%)19点右斜め上

語彙
He has such a cavalier attitude toward his job.
cavalier(傲慢な)

内容一致
正解だったけど備忘録として。
本文根拠
Even high-functioning individuals with marketable skills confront social challenges that make it difficult for them to get and keep job.
正解選択肢
They are often passed over during the hiring process because they have trouble taking part in social interactions in ways that are necessary.

リスニング
初満点。この回はPart3のReal-Lifeが複雑だが,キーポイントはすべて聞き取れた。
posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | 過去問/模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。