2020年06月26日

ここで差がつく!英文ライティングの技術

個人が英作文を勉強する場合、どのような方法があるだろうか?

もちろん参考書を買って勉強するしかないのだが、これまでやってきた参考書は以下の4つに大別される。

基本構文を覚える
 例 『ドラゴン・イングリッシュ基本英文100』 『DUO3.0』 『ALL in ONE

英作文用の文法問題集
例解 和文英訳教本 (文法矯正編)』 『大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編』 

試験別対策問題集
 例 『英検1級英作文問題』 『IELTSライティング・スピーキング完全攻略

これらの組合せやその他
 例 『英語なるほどライティング』 『英語なるほどライティング』 『英語ライティングルールブック

上記分類からすると、4番目に入る本であったが、とてもいい本を学んだので紹介。



本書の特徴は、すぐアカデミックライティングしたい、子供っぽい英作文から脱出したい場合、無生物主語を使いこなせるようにトレーニングできる、というところにある。

『英語なるほどライティング』も主語の設定に力を入れている点では共通点がある。しかし、本書のいいところは、パターン化し、それを練習できるという点だ。具体的には、文章の名詞化とでも呼ぶパターン練習を組み込んでいる。そしてその無生物主語に合わせやすい動詞たちを組み合わせて使うことで、単調で一人称の主語が続くことを避けることができる。

加えて、本書の良さは、豊富な問題量である。『英語なるほどライティング』もよかったが問題量が十分でなく身についたかどうかを確認するすべがなかった。しかし本書はたっぷりの問題があるので解いていくうちに、名詞化と言うパターン、無生物主語の使い方をマスターできる。

本書の構成は以下の通りだ。

Chapter 1 英語らしい英語を書くテクニック37
Chapter 2 英文エッセイのリライト・ゼミ
Chapter 3 ライティングのための文法(前置詞/副詞・名詞・冠詞)
Chapter 4 重要類義語
Chapter 5 英語表現アドバイス A to Z

おススメは、前2章だ。英語らしい英語を書くテクニックを37用意し、それを練習する。メインは名詞化するテクニックだが、それに加え言いかえ可能な動詞を学ぶようになっている。その後Chapter2では具体的に、どう英語を添削し、いいものにしていくか、学んだテクニックを使って、ゼミ形式で学んでいくのだ。会話形式なのでやや冗長であるが、その分2つの練習問題の解説(これも添削のコツが説明されている)がとてもよく頭に入る。

またChapter2では1で学んだ様々な言い換えを利用して実際のエッセイを書き換えるので、実際に自分が書いた作文を直すのにとても参考になる。読みながら早く自分の書いた作文を添削・リライトしたいと思ったぐらいだ。

Chapter3の文法は他の書物にいいものがあるので、可もなく不可もなくといったところだ。でもChapter4は英検1級やIELTSをやる人にとっては知っておくべき言いかえである。多い、少ない、良い、悪いはほんとによくつかわれるので、私も言いかえリストを自分で作ったぐらいで、このように整理されると便利だ。ただ、Chapter4の練習問題がないのが残念である。

以上のように、自分の英文を一歩グレードアップしたい人にとってはMUST ITEMだ。ぜひ英検1級やIELTSなどのアカデミックライティングを書く人にはおすすめしたい。

ただ最後にちょっと気になった点だけを記しておきたい。本書の良さはパターンの練習をすることによってパターンによる言い換えが身に付くことであるが、それがゆえにどうしてもやや不自然な英文になるところは否めない。つまり同じようなパターンでの表現になるのは避けられない。それでもどうしても陥りがちな幼稚な表現が避けられるという点があるので、学ぶものは多いが。

あと数か所誤植があったが、大きな問題ではないので、省略する。

久しぶりにガチに学ぶのが楽しい本だった。
posted by NOBU at 09:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

ドラマでの英語勉強

ドラマで英語の勉強はいいという意見はあちこちで聞く。

実際、生の英語が映像とともに使われているのを聞くことができるので、疑似留学っぽい環境にすることが可能である。


ドラマで英語の勉強の問題点が一つあり、これが私にとって大きな障害となっていた。


それは時間がかかるということだ。


ドラマだと

1話30分から50分 
1シリーズ10話から15話
シリーズが2から4本

というのはざらである。

つまりこれも見て(しかも繰り返し何度も何度も)というのは時間がかかりすぎる。

日本語でもドラマは時間の消費という観念を持っているので、ドラマを勉強のためとはいえ、ハードルが高い。

ロンドンにいるときに、Call the Midwifeというドラマにはまったけど、週に1回みるのはちょうどいい。

ただ繰り返してみるわけではないので、勉強になったわけではない。


じゃぁ映画は?ということにもなるが、面白いものはSFであったり、戦いものだったりとあまり日常生活とはかけ離れすぎている。


いずれにせよ、勉強しない言い訳しても意味ない。

ロンドンにいたときに、生活に関連しそうなドラマで長くなく、英語勉強用でそんなにつまらなくなく、どこでも見れるということでYoutubeで勉強用のドラマを捜したことがある。

それがLifetime







最初は挨拶、自己紹介、時間の言い方などから始まって、3レベル7話で全21話で120分程度のドラマだ。

昔は一回見て面白かったという程度で勉強にまでは持っていけなかったが、今回は音声をダウンロードし、編集してICレコーダーに入れた。何度も聞きつつ、わからないところをYoutubeの字幕で確認する形で勉強していっている。


posted by NOBU at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

英語学習の気持ちが迷子状態

先月末あたりからずっと英語学習に対しても何かメラメラ燃えるような気持がないことに気がついた。

いや、そもそもそういう気持ちになってたんだろうけど、自分自身の心に気づかないふりをしていたというのが正確かもしれない。

やり直し英語を初めてちょうど5年になる。

英語を学び直そうというきっかけは簡単に言うとマウンティングだ。海外経験のない若者が平気でTOEIC800以上を取っているのを聞き、海外経験のあるオッちゃんとして負けられないというのがきっかけだった。

TOEICも900超えて、それをある若者に話したら、「TOEICって話せるようにならないでしょwww」と言われたので、4技能ある英検にシフトした。英検も5回合格したらもう飽きてきて、勢いでIELTSにシフトしたけど、この2年惰性で受けているのも事実。

TOEFLではなく、IELTSを受けようと思ったのは、英検1級以外でC1レベルを保障する資格が欲しかったこと、TOEFLより試験時間が短かったという点にある。

いずれにせよ、試験でC1レベルを証明しておいて、若者にマウンティングしようと思ったのが勉強をやり直すモチベーションだった。


現在は、IELTSでとくにアウトプット二技能を、同時にC1レベルであることを証明したいという気持ちはある。


でも、2年間もIELTSやってると惰性になってくる、英語学習5年ともなると学習自体がマンネリ化してくる。


一つは動機面。

「何のためにやっているのか」と自問することが多くなった。試験でマウンティング取ろうとしても、Twitter界には高スコアの人たちがうじゃうじゃいる。IELTSで8.0でも取らない限り、マウンティングは無理だ。

そもそもいい年したオッちゃんが英語マウンティングを取ろうとすること自体が情けない。

そんなことに時間を費やすぐらいなら、本職でスキルを磨いて、退職後の展開を考える方がよい。そもそも英語で退職後何かをする気はない。

最近とくに定年後の第二の人生をどう生きるか、施設に入る第三の人生の前に何かやりたいことをやっておきたいと焦るようになってきているのも、英語やってていいのかという気持ちにさせている。

ということで最近こんな本を読んだ(笑)




まぁなんら目新しいことはなかったけど。


二つ目は英語学習の方法論だ。

アウトプット二技能を高めたい!という気持ちはあるが、話しても書いても進歩している感が少ない。

試験対策として参考書をゴリゴリやるというのが自分に合ってたけど、どうもこれも限界かもしれない。「英語は、最初は勉強、途中からはトレーニング(JetBullさん)」に変えていかないといけないような気がしてきている。


また同じくJetBullさんのYouTube聞いてて、試験だけの勉強の限界を感じるとともに、試験にとらわれない幅広いトレーニングが英語力、ひいては試験力を高めるのかも、と思うようになってきている。


ということで、やはり英語勉強「迷子」状態が続いている。「なんのためか」(動機)や「どこに向かうのか」(目標)は脇においても、とりあえず会話とライティングで、もう一段上に行きたいという欲求はある。
posted by NOBU at 08:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

会話表現は奥が深い

縁あって、関西で勉強会をやっている方たちが、上京してNHKラジオ講座『遠山顕の英会話楽習』で有名な講師、遠山顕先生を招いてのセミナーをやるという。

よかったら、参加しないかというお誘いを受けたので、二つ返事で参加した。

有名人であるということだけで、ミーハーな気持ちで参加を了承したものの、話はそんなに甘くなかった。


勉強会に参加していないとはいえ、遠山顕先生をお招きする以上、『遠山顕の英会話楽習』のテキスト1か月分を暗唱してこい、という宿題を仰せつかった。

所詮、NHKの講座だろ(そもそもNHKの講座は趣味かつ初心者レベルの人たちが取り組むものという間違えた偏見を持っていた)、となめていたが、テキストとCDを購入し、まずはリスニングしてみた。


え?よくわからないんだけど。


というのが実際の感想だ。

単語自体は聞き取れているけど、雰囲気はつかめるけど、日本語で説明しろと言われてもはっきり説明できないのだ。



そもそも、普段から軽いスモールトークは苦手である。

仕事で自分のやっていることを説明するとか、英検1級の面接とかの方が話しやすい。まとまった内容であるし、自分の考えを表現するだけだからだ。

でも、テンポよい会話は苦手である。

何が聞かれるかわからないし、さっと「場面にあった」適切な言葉で答えているか、常に不安である。


今回、NHK講座を暗唱することによって、会話表現を鍛えることが必要だと強く感じた。セミナー自体もとても有意義だったし(全部英語)、その後の飲み会でも遠山先生のレコードを聴きながらスピーキングの真似をしたという話などが聞けて、大変刺激を受けた。

ちなみにその時の様子を遠山先生のブログで紹介されている。

遠山顕先生のブログ

音読にNHK教材を使うことを最近考えている。
posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

英語の冠詞

冠詞をさらに詳しく勉強しておこうと思って以下の本を読んでみた。




この本は、評判の高い例解 現代英語冠詞辞典の簡易版という位置づけで理解してよい。


広島大学の先生がかなり学術的に調べて書いているところがあるので、結構骨が折れるが

冠詞をつけるべきか、つけないべきかについての情報がかなり網羅的に理解できた。

他の受験英語や英語やり直しの参考書には、冠詞の有無について


一般的なこと、あまり明確でないもの(リンカクがないもの)


について無冠詞になるという。


かなりあいまいである(笑)何がどこまで抽象的かは人によってかなり違うし、多くの名詞は可算/不可算の両方の機能をもっているので、かなり悩ましいのである。


この本は読むのがしんどいが6つの原則で冠詞の有無を整理してくれている。


それを私なりに(中途半端だが)整理してみた。

冠詞分類表.jpg

多くの人に理解できるように整理したわけではなく、「冠詞をつけない」という点に着目してみた。

何が「抽象的なのか」という観点を左に並べている。


冠詞は奥深いが、実はやっていくうちにかなりはまってきている自分がいる(笑)
posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

DUOをガチ復習する

2月ぐらいからDUO本を読み返すようになって、DUOの良さを改めて認識した。

よく考えてみると、かなり使えるようになっているとはいえ、自分の言葉としてつかえるのか、類義語がすぐ出てくるか(例えばsometimesの言い換えとしてfrom time to timeとかOnce in a whileとかがすぐ出てくるか)という点で見てみると、かなり怪しい。

DMM英会話も復活していた時期なので、あえてDUOをガチで復習することとした。

復習の仕方は、

(1)一日3セクション(セクションによって例文数は変わるけど)
(2)復習周期は、All in One方式で約1か月ちょっとで4周する
(3)目標は、なんどもシャドーイングや音読を繰り返して、和文から「すぐに英文をスラスラ再現する」こと

ときには(3)はちょっと怪しいことはあったけど、なんとかやり終わって、DUOがさらに身に着いたように思う。

今は、iPhoneに先に和文を入れておき、空き時間に英訳をやっている。



posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

高校教科書の音読again

スピーキング力アップのコツはやはり音読、とくに口が自動化して動くところまでしていくことが有効だ。

(と頭ではわかっている)

電車通勤が英語学習のメインの時間と場所であるオッちゃんにとっては、普段の学習ではどうしても音読が後回しになりがちである。


そこで、

とある土曜日に思い立って、英語教科書(2年生、クラウン)のとある一課を3時間ほど音読してみた。

しんどかったけど、以前から音読している材料なので、かなりはやく暗唱に近いレベルに持っていけた。

ということで週末音読、ウィークデイは音声を聞きながらつぶやきシャドーイング、電車の待ち時間に頭で再生などを4週間やってみた。

ちょうど冠詞も勉強しているところだったので、音読の中では、冠詞の意味やニュアンスを意識し、単数複数も気にかけるようにした。

4週間(4課分)やりきってみて、現在は休憩中である(笑)


やはり音読→発話の自動化はとてもいい。

そのうちまた再開しようと思っている。


一方、発音の悪さがとても気になるので、最近発音も少し勉強する必要があるなぁとなんとなく感じている。
posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

英語の勉強法とモチベーション

英語の勉強がマンネリになってくると、学習法みたいな本に手をだす傾向がある(笑)




本書は、第二言語習得理論を説明するものではなく英語コンサルタントが、理論から英語学習マニュアルを作りましたというもの。

間違った思い込み
1. 文法を学習しても、話せるようにはならない。
2. 小さい頃から英語に触れていなければ、手遅れだ。
3. 海外に長く住めば、誰でも英語を話せるようになる
4. ネイティブと同じレベルにならなければいけない。
5. 結局、語学は才能だ。

3と5が問題なのはこのブログでも指摘していることだが、以上の思い込みがある人は本書を読んだ方がいいだろう。

本書が主張するマニュアルは

1. 文法のコア学習 2ヶ月
2. 量の英語インプット 2ヶ月
3. 発信型に切り替え 2週間
4. 発信型を相互理解の英語へ 1ヶ月
5. モニタリング 2週間
6. 学習方法のカスタマイズと継続

というもの。

第2言語習得論の本を読んでいる人にとってはそんなに目新しいことはない。

学習段階でオススメの本とか英会話学校のことも書かれてあるけど、やはり一般論に陥りがちだった。(万人向けだからしょうがないか)

また第2言語習得「理論」を知りたい人にとっては、何の情報もない。

ということで、それほどおすすめの本ではない(笑)

ただ、この本を読んで気がついたことは、

1)方法よりも適切な教材選びな気がする。上記に書いているマニュアルはおそらく多くの学習者が無意識に繰り返しているように思う。となるとある程度英語学習が習慣化している人は、英語インプットの教材選びが重要になってくるのではと思った。

2)上記マニュアルが目新しくなくても、自分がどの段階の学習に取り組んでいるか、を意識することはいいことかもしれない。時間的なリズムは自分のペースでいいだろうけど、第二言語習得理論がいうように、うまくインプットとアウトプットの組み合わせとその段階を意識しつつ勉強すると、若干効率があがるかもしれない。


posted by NOBU at 08:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

英語の辞書

私はiPadに入れているロングマンの英英辞書アプリ(LDOCE)で済ませている。それでもわからないことがあれば、ググることで解決する。でも本当にそれでいいのか不安に思うこともあるので、時々辞書をどうしようかと思うときがある。

以前Twitterで英語辞書に関する本が紹介されていたので、以下の本を読んでみた。



英語勉強歴が長いオッちゃんにとって、辞書の見方などはそんなに目新しいものがあるわけではなかった。

でも以下のような点は面白かった。

英和辞書より英英辞書だという意見もあるが、「全世界の英語学習者を対象としている学習英英辞典と違い、主に日本人が使うことを想定して」おり、日本語と英語の違いそのものを理解するには、英和のメリット。

上級者にはコロケーション辞書や新編英和活用大辞典を使うと用例が多いので、「身近にネイティブがいない場合でも基本的な「ネイティブチェック」ができ」る。

また類語辞典は「エッセイを書いたりするとき、自分がすでに知っている単語を手がかりにして、より適切な単語がないか探したり、語彙を増やしたいときに最適」らしい。

この本を読んで、なんだか英和辞書、和英辞書、英和活用辞典などの派生辞書を買ってみたくなった。

posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

9月のIELTSに向けて

これまで、英語学習の計画イメージは年度ごと(4月から翌年3月)に考えていた。

けど、今年度は3月のIELTSを見送ることにしたので、新しく英語の学習計画の見直しが必要だ。

まず、IELTSのWSで同時7.0以上という基本的な方針は変わっていない。

そこで、9月末のIELTSを焦点にする。

それまでは、Output2技能の実力をアップさせることに集中したい。


1)単語力の向上

英検1級からIELTSに移行し始めて、正直英検1級レベルの単語力が下がっている。仕事がら英語ニュースをあさる時があるけど、英検1級学習で見たことあるけど、思い出せないというのが増えてきている感じがしている。

そこでこれからは

英字新聞等でわからなかったら、単語ノートをつくる。それを繰り返して復習できるリズムをつくる。

あとはIELTSの単語集をやる。候補はこれ。



これは、どうもセルフスタディIELTS必須ボキャブラリーの著者RAWDON WYATTの最新版ではないかと思われる。Kindleでサンプルをダウンロードしたところ、単語帳ではなく問題集形式なので、飽きずにできそうだ。


2)スピーキング力の向上

実践力として、DMM英会話を2,3月、8,9月の4か月やる

ここ2年このペースでDMM英会話をやっているけど、これがちょうどいい感じだ。4か月のインプット、2か月のアウトプット練習というサイクルである。

インプットとして、高校教科書、DUOAll In Oneの音読をしつこく繰り返す。これらはすでに100回以上音読してきたが、さらにもっと自分のものにしていきたい。

一方で、シャドーイングの幅を広げる。教材としては、BBCの6 minites Englishを使ってみたい。これまで聞いたり、聞かなかったりだったけど、スクリプトがあること、内容テーマが面白いこと、新しい語彙も得られるという点からもう少し真剣に取り組もうと思う。


3)ライティング力の向上

これは最近楽しくなっている分野だ。格調ある英文を書くことができるようになりたいという気持ちが最近とくに強い。

オッちゃんなのに書いたら子供っぽいというのは避けたいし、多少スピーキングで不便があっても、内容のあることを読ませ、しかも教養ある英語で書けるようになれば、世界への発信が可能だ。(何を発信するかは置いといてw)

英作文の参考書としては、例解和文英訳教本をメインに、何種類かの本に目を通し、IELTSの過去問等を実戦用として練習していこうと思う


516F8C66-3BCC-4A02-A20D-0BB0AC3A5EE3.jpeg

(ネットで見かけたこれがきっかけで本エントリを書こうと思った。)

posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。