2017年04月25日

ICレコーダーと暗唱

Junさんのブログで以前、リスニングにはICレコーダーがいいと言っていて(ここ)、ずっと気になっていた。


ようやく購入した。



まだ使いこなしているというわけではないけど、今は相変わらず高校教科書の音源を入れてずっと聞いている。

仕事が忙しくてなかなか家で音読とかシャドーイングができず、電車の中で聞いているだけだったけど、いろいろ触っていていい使い方を発見した。

ICレコーダーで暗唱の練習が電車の中でできるという方法だ。

なんのことはない、一段落ずつA-B間繰り返しの機能を使って、集中的に同じ段落を繰り返して聞くというものだ。1時間ぐらい15秒程度のものをずっと繰り返して聞くと、耳で覚えてしまうので、音を止めても、頭の中で自動的に暗唱できてしまうのだ。

自宅に帰って、お風呂の中で試しにアウトプットしてみると、今まで以上にスラスラ暗唱できる。イメージとしては音が頭の中で流れつつ、口について自動的に話せる感じだ。

これはとてもいい。ようやく口が勝手に動くという感覚を味わうことができた。
(参照:え!?暗唱と暗記は違うの?

これから、段落ごとに集中的に大量に繰り返して聞きながら暗唱していってみようと思う。


その他、ICレコーダーを使ってみてよかった点をあげてみたい。

1)スピード変更

冠詞や接続詞のthatなど埋もれがちな音も、スピードを変えて何回も確認できる。

2)スタート・ストップ

iPhoneのような画面タッチではなく機械ボタンなのでスタートストップの感覚がぴったり合う。細かいことだけどiPhoneだとストップを押してもちょっとずれたりする。

3)録音機能

まだつかっていないけど、高校教科書の暗唱がさらにすすめば発音にまで気を使ってみたいと思っていて、そのうち録音して原音と比較ができるのではと思っている。

いずれにせよ、iPhoneアプリで以上のようなことはなんでもできるけど、ちょっとした操作性ではボイスレコーダーが上だ。やっぱり「餅は餅屋」とはよく言ったもんだ。
posted by NOBU at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

ダウントン・アビー

ロンドンにいる頃から、日本人の知り合いから薦められていたイギリスのドラマ、ダウントン・アビー。

話も面白いし、イギリスの歴史も分かるし、英語の勉強にもなるのでオススメと聞いていた。

ロンドンで契約していたNetflixにはダウントン・アビーは入っていなかったので、すっかりドラマの存在を忘れていた。

帰国して1週間ほどしかたってなくても、イギリスが懐かしくてNetflixでドラマをブラウズしていたら、その中にダウントン・アビーが入っていることを発見。

(ちなみにNetflixを契約していると世界どこ行っても基本的にその国で認められているものが見られるようだ。イギリスのNetflixと契約したと思っていたけど、帰国してNetflixを開いてみると、自動的に日本のコンテンツになっていた。)

英語の復習になるかなという気持ちでダウントン・アビーを見始めた。ただ設定をどういじっても英語字幕がない。日本語字幕しかないので、しょうがないなぁと思ったけど、一話を見終わる頃にはすでにドラマにのめりこんでしまった。

こうなると英語どころではない(笑 

ついつい見続けてしまって、2週間弱で4シーズン10話前後、合計40時間ぐらいみたことになる。

英語のブログとはあまり関係ないけど、ダウントン・アビーの良さを紹介したい。

1)上流,中流の人間関係が面白い

イメージとしてはNHK朝ドラを拡大している感じ。上流階級の人々、それ以外の階級の人々、それぞれの人間関係でいろんな事件が起きて、関係がぎくしゃくしたり、良くなったりする。とにかく話のテンポ展開が早いので、飽きることがない。

2)上流階級がわかる

ロンドンで国会議事堂見学した時に貴族院の話をいろいろ聞いて、終身(世襲)貴族の議員がいることを知った。そのような人たちがどのような暮らしをしていたのか、このドラマでよくわかった。

3)アクセントの勉強

最後に,英語ブログなので,それに関連して。

上流階級のアクセント(Posh Accent)、労働者階級のアクセント(Cockney Accent)の違いがよくわかる。登場人物の背景をアクセントの違いで示唆しているので、それも面白い。



posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

スピーキングテストのモニター試験


先日、英検の新しいスピーキングテストにモニターとして参加した。

会場は渋谷だったんだけど、久しぶりだったので、道に迷ったw

午前の一番最初のスロットで参加。約20名ぐらいの参加者がいた。意外に男性、同年代っぽい人も少なくなかったので安心した。

そもそもこのテストは、社会人向けに開発されるようなので、年齢が比較的上なのは当たり前なんだけど。

テストの内容は書けないけど、タブレットを使うテストと対面式テストの二つだった。

タブレットはやや使いにくいけど(入力欄がタブレットキーボードで隠れたりとか)、対面式はIELTSみたいで楽しかった。対面式テストでは似たような問題を2回試された。

対面式テストはかなりSpecificなビジネスシチュエーションが想定されているので、本業にあたれば答えやすいかもと思った。

モニター試験のあとはアンケートに答えて、全体で2時間弱で終了した。

対面式テストは楽しかったので、今後これがどのようにブラッシュアップされて実際に行われるようになるのか、楽しみである。
posted by NOBU at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

とりあえずのDMM英会話

3月29日に帰国した。インターネット,ガス等のライフラインの設定,子どもの中学入学準備等慌ただしく過ごし,昨日から出勤をはじめている。

まだ家庭,仕事,英語の勉強のリズムがつかめず,毎日やることをもれなくこなすことに精一杯だ。

そこで,4月1日からとりあえずDMM英会話だけ復活させた。

本当は語彙,暗唱,英作文をやりたいが,とりあえずリズムを徐々に形成していこうと思っている。

また,6月の英検はパスすることにした。そのかわり,IELTSを受けることにした。




英検ライティングとスピーキング高得点のコツでも述べたけど,英検だとやや知識の発信力みたいなところがあるので,純粋な英語力としてOutput2技能を磨くことを目的に,当面IELTSに焦点をあてることとした。

高額なので何回も受けられないが,とりあえず6月と12月を目処にWとSで7.0以上,Overallで7.5を目指すこととしたい。7以上とれればOutput2技能でもC1レベルということが言えるので。
posted by NOBU at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

海外赴任・留学をひかえた場合に適した英語試験

さて、いよいよ明日帰国する。

これから海外にいく人のために、海外赴任や留学を控えてどのような勉強をすればよいか、特にどのような試験を利用して、勉強を進めればいいか、参考までに書いておこう。

英語試験はいろいろあるけど、正直、海外行って英語しゃべれるようになりたい、というのなら

TOEIC Speakingテスト

を強く勧めたい。これは留学、あるいは海外赴任に行く前にぜひ取り組んでおいた方がいい。

この試験は生活や仕事場で必要となるであろう会話を意識して作られているので、即効性が高い。TOEICの写真描写、応答問題などはほんとに反射的に英語をしゃべるように訓練される。また身近な話題だからなおいい。

ロンドンに来て困るのは日常的な場面でさっと反応するときだ。

私がFlat(マンション)の管理人マイケルさんと会話に困るのは日常会話のリスポンス能力がないため。職場やレストランでの会話なんて、まさにちょっとした場面での瞬間的な応答。「洗濯もの外に干したい」、「ごみは木曜日?」、「このおかしみんなで分けて」、とか日常の場面を英語でいう訓練をしていれば海外でなんとかなる。そのためにもTOEIC Speakingテストはオススメだ。

その点、英検1級はまったく役に立たない。日常の言語というよりも少々知識人っぽい、いわゆるインテリっぽいことしゃべりたい人にはいいけど、英検1級の面接試験は日常会話を要求していない。

私は英検1級ばかりやってロンドンに赴任した。多少の教養が必要なので仕事面では役には立ったが、日常会話が難しいということに気づいた。実際に英検1級でもリスニングパートのPart1(日常会話)は苦手である。

また時間があるなら、赴任前に映画やドラマも見ながら、日常的な場面でこういうのかというものをストックしておくのもいいだろう。

これらをやらなかったために、この一年間は簡単なことがいえないというジレンマに陥ったので、これから海外に出る機会のある人は、日常会話を大切に勉強してきたほうが生活は楽しめると思う。

posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

ESOLで知った最強の無料英語教材

子供が通っている学校では、外人がとても多いので、無料で親のための英語教室を週一回提供してくれていた。

ESOL(English for Speakers of Other Languages)だ。昨年の10月ごろから始まって、昨年は毎回出席してたけど、今年になってからは仕事の都合で出席できなかった。

先生はオーストラリア出身でイギリス人のご主人を持つ女性。ご主人に直されたのか(笑)きれいにイギリス英語を話す人だった。

生徒はヨーロッパが大半でアジアではミャンマーの人と日本人3人の合計4人だった。当然出席するのはお母さんばかりなので、最初は居場所がなかったが、マケドニア、フランス、ポルトガル、日本のお母さん方と仲良くなり、とくに学校に関する情報交換はとても役に立った。

先週、久しぶりに、そして最後ということで顔を出してきた。そのとき使っていた教材がとてもよくできていたのでシェア。

Breaking News English

このHPでは、頻繁に英語のニュースが更新されるとともに、平易な英語で書き直されている。同じニュースであってもレベル別に何種類もの文章が用意されている。それに加えて、文法、内容理解、リスニングと大量の問題演習がついている。

リスニングにいたってはブリティッシュ英語とアメリカ英語を選べて、無料で配信しているという親切さ。

一回の教材でも全部やろうとすると相当大変だ。見てると二日に一回更新されている。当然、すべてを二日間でやりきれる量ではない。でもやれば相当力がつくことだろうと思う。

とくにすぐに英字ニュースに取り組めないという人にとってはニュースに慣れる練習になるのではないだろうか。


posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

英検ライティングとスピーキングの高得点のコツ

まぐれで、英検1級のライティング、スピーキングの満点を取ったことのあるオッちゃんとしては、英検のOutput2技能試験でちょっと思うところがある。

英検1級のライティングやスピーキングは他の試験と違って、私は、英語の運用能力(Output技能)というよりは、社会性の高い話題の発信力が問われているのではないか、という仮説を持っている。

その根拠は以下の通りだ。

1)採点項目の内容

IELTSを受けたことがあるけど、これらは確実に英語の運用能力(Output技能)を測っている。というのもIELTSの高バンドのスピーキングを聞くと、内容なくてもFluencyであったり、語彙であったりが重要だからだ。もちろんライティングもスピーキングもcoherenceは重要だから、聞かれてもないことを支離滅裂に話してもだめだけど、採点基準が英語の運用に重点が置かれている。

一方、英検英作文には「内容」の項目が採点全体に影響することが多い。内容が良いと全体的に点数が上がる傾向があるのではと、以下の実験的取り組みから感じている。
(「英検英作文の採点基準を考える」)


2)経験

私の経験もそうだ。スピーキングが満点取れたトピックは「Urbanization」。ライティングで満点取れた話題は「農業問題」。Urbanizationは、ラッキーなことに英文報告書を書いて、内容についてロンドンの仕事仲間と議論したことがある話題だった。農業問題は、大昔某県の農産物輸出振興にちょっとかかわったことがあり、ある程度の知識を持っていた。農業問題は書いているうちにそこまで細かく書かなかったけど、ストーリーを考える上でその時の体験が活かされた。

どちらも英語的にはあとで文法的、語彙使用の間違いに気づくほどのレベルだった。それでも満点が取れたのは内容についてそこそこ納得のいくものだったからだろうと思う。とくにスピーキングはライティングの採点者と違って顔の反応が見える。満点取った時のQ&Aでちょっとした知識を披露したら、感心していたので、やはり内容面でのインパクトが大きかったのではないかと察している。


3)英検の趣旨

そもそも英検1級の目安には、

二次試験では2分間のスピーチと、その内容への質問がなされます。カギは英語の知識のみでなく、相手に伝える発信力と対応力。世界で活躍できる人材の英語力を証明します。

とあり、審査基準には

話す:社会性の高い幅広い話題についてやりとりすることができる。
書く:社会性の高い幅広い話題についてまとまりのある文章を書くことができる。

とある。

結局、英語のみならず社会性の高い話題について、発信、対応する能力が必要だということ。いいかえると、社会性の高い話題をキャッチし、自らの考えを持たないといけないし、それをうまく英語にのせて発信しないといけない。

以上から、英検1級のライティングとスピーキングには、英語というよりも英語での社会性の高い話題の発信力が試されていると思っている。

となると、どう対策するか?

1)英作文対応の参考書を繰り返す

これは初期のころ、やってたけど『英検1級英作文問題』の予想問題の解答例を暗記するとともに、自分でも作文し、英作文のフルーツフルイングリッシュで添削していた。

また、『英検1級英作文問題』の別冊も幅広い話題に関する論点が会話形式で理解できるので、おススメ。


2)過去問のサンプルアンサーを繰り返す

これは中期の頃やっていた勉強。英作文や面接の模範解答を暗記し、サンプルアンサーを暗唱していた(とくに英作文)。サンプルアンサーを利用して英語のみならず社会性の話題に強くなるという意図だ。




3)英字新聞で社会性の高い話題をキャッチし、自分の考えをまとめる

これは昨年11月あたりから本格的にやっている方法だ。DMMディリーニュースを用いて、自分で問いに答え、Discussionトピックに基づいて自分の意見を1人スピーキングしている。そして、For and Against(同意と反対)というテーマで英作文をしている。(「1日30分のOutput2技能の練習法」)

1級試験の場合、流暢に英語を話せる・書けるに越したことはない。それでも流暢さ・文法の正確さのみならず、あくまでコミュニケーションなので、面接官や採点官が納得できるように自分の意見をのべたいと思っている。





posted by NOBU at 08:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

英字新聞

英字新聞で英語を勉強している人も多い。私も学生の頃にDaily Yomiuriという薄い英字新聞を購読していた時期がある(当時、1カ月1000円ぐらいだったように思う)。もちろん続かなかった。

ネットが普及して、今では日本の新聞も購読をやめ、もっぱらニュースはネットに頼っている。(必要に迫れてみるのがSMPC(South China Morning Post)。ロンドンに来てからはGuardianにもちょこちょこ目を通すようになった。)

さて、ネットにせよ、紙媒体にせよ、英字新聞は英語を勉強する上で最高の教材だ。

それをどう活用するか。Twitterでいい情報が流れてきた。




リンク先
【挫折しない】編集長が薦める英字新聞の活用法

やはり、英字新聞は「続ける」ことが大事だと思う。辞書を引くことが手間だなと思ったら、使わなくてもいいと思う。とにかく続ければ英語を見るのに慣れてくるので、英語長文に対する意識のハードルは下がるだろう。

あと、もう一つのこの記事で気になったのはサマリー(要約)の作り方だ。記事では3文法というのを提案していて、名前の通り3文でまとめるというもの。

以前、4技能同時勉強法と題して、DMM英会話のディリーニュースを用いて要約やっていたけど、2カ月ぐらいで挫折した。新聞記事っていうのは、最初の段落に肝がくるため、どうしてもそれを写して終わりになりがちだからだ。3文でまとめるのは、最初の段落を使わないとかの制約をつけてやると英作文力がつくかもしれない。やってみるかどうか、現在検討中だ。

posted by NOBU at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

CSEスコアに一貫性はあるのか?(新しい英検の楽しみ方)

英検が気合いいれて開発したCSEスコアは、回が変われど、難易度が変われど、スコアが示す実力は同じというものだ。

またヨーロッパ言語標準参照枠(CEFR)に準拠する形で言語の運用能力を示すという目的もあった。

今回、CSEスコアは本当に実力を測れているのかという点、言い換えるとCSEスコアは信頼できるのかという点を確認してみたくて、英検準1級と1級を両方を受験してみた。

ここでの検証仮説は、同じ英語能力を持っている受験者であれば、級に関係なく(多少の誤差はあるにせよ)近いスコアがとれる、というものである。CSEスコアが英語能力を測れるのなら、級が違っても同じスコアになるはずだから。

検証方法は、実際にガチで受験してみてそのスコアを比べるという単純なもの。(ただし、私だけだとサンプル1なので「一級さん倶楽部」のデータも参考にさせていただいた。ただし統計分析できるほどの量は集まらなかった。それでも以下の傾向は同じだった。)

結果は

(左が1級、右が準1級)
R 714−671=43
L 700−723=-23
W 850−709=141
S 636−563=73
合計 2900−2666=234

だった。英検準1級の方がスコアを獲得するのは難しい。

他の人の結果も参考にすると誤差率(英検1級満点スコアに対する比率)は

R 4.0%
L 1.0%
W 9.1%
3技能 4.7%
S  5.9%
4技能 7.1%

であり、並べると

L < R <3技能合計 < S < 4技能合計 < W

となる。

実はこの誤差は小さくない。英検1級の1技能の満点は850なので、5%違えば42.5、10%違うと85違うことになる。4技能でみれば5%の誤差は170、10%の誤差は340だ。一歩譲って誤差は5%以内に抑えてもらいたいものだ。

そしてこの誤差をもたらしているのは、紛れもないOutput2技能のスコアだ。とく高得点になればなるほどスコアも跳ね上がるので、英語能力が高い人ほど、ちょっとした正答率の差でスコアが大きく開く可能性がある。

結論として

1)英語能力が同じ人のCSEスコアは、英検1級よりも準1級で測ると7%程度下振れする。

2)このため、CSEスコアは級をまたがって実力を測るには誤差が大きい(残念ながら一貫性はない)。

3)その誤差をもたらしているのは、ライティングとスピーキングのスコア誤差である。したがって、英検協会にはOutput2技能の客観的評価基準の確立(評価精度の向上)をお願いしたい。(あるいはVOZEさんがつぶやいていたけど準1級の満点を各技能800点にするのも有効な方法)

とでもなろうか。


さてこう結論すると、「CSEスコアはゴミw」という見方も出てくるが、CSEスコアを使って別の英検の楽しみ方ができる。


1)本当の1級合格者になる

英検1級合格者であっても、CSEスコアが2800以下の人は準1級では1級合格ライン(2630)をとれない可能性がある。

「真の英検1級ホルダー」になるためには、英検1級でCSEスコア2800、できれば2850をとって合格しておきたい。


2)準1級で1級合格CSEスコアを取る

英検1級を受けなくても、準1級の方がCSEスコアを稼ぐのは難しい。

それに英検1級一次試験はビジネス目的で英語を使いたいという人にとっては無駄に難しい。

そこで自分の英語運用能力を高めるという意味では、準1級で1級の合格スコアである2630を上回るようにするといいだろう。

その人は、見た目はただの準1級合格者かもしれないが、(1級をギリギリで合格する人よりも)実は「影の英検1級ホルダー」なのである。


3)英検準1級をはやく卒業する

準1級試験は1級と2級の実力差が大きいという批判から私が学生のときに新設された級である。いわば「踊り子さんの間をつなぐ若手漫才師」(笑)、あるいは「次のお座敷に移るときの化粧直し」のようなものだ。

準1級の合格スコアは2304であるが、将来的に1級を目指す人は、準1級で合格は気にせずに2300程度で、はやめに卒業したい。準1級でスコアをあげるのはしんどいので、1級でスコアを取っていくほうが簡単だ。それに準1級試験の勉強を繰り返すよりも、その分はやめに1級試験の準備に取り組んだ方が1級合格が近くなる。


と書いてみて、実は2)が面白そうと思っている自分がいるw
posted by NOBU at 01:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

2016年度第3回英検1級2次の結果(確定)

英検2次の結果がすべて公表されたのでふりかえり。


準1級
170228準1級2次.jpg

1級
1702281級2次.jpg

二次の内訳
IMG_0941.JPG

準1級ってアティチュードって項目があったんですね。もしかしたら、態度の悪い受験生を排除するためのものなのかなぁ。面接官にとっても「お前よりもうまいんじゃ〜(高圧)」的な受験生がいたらいやだろうしw

ナレーションが75%、Q&Aが80%の得点率。練習してなかったので、しょうがないけど、うまく喋れたと思った分、おそらく求められているものとちょっと違ったのかもしれない。一度準1の面接対策本は立ち読みしておかないといけない。

1級は
スピーチ 8
インタラクション 8
文法語彙 9
発音 8

で終わった。できはよかったし、第1回と同じ面接官なので期待したけど、やや厳しくなったのかもしれない。まあ実際の実力的には妥当な評価だと思う。

今回ははじめて練習なしで臨んでみた。普段からDMMニュースの1人レッスンをツイキャスで練習はしていたので、あえて未練習で臨んでみた。でもやっぱりこれは危険かもしれない。今回はテーマが得意の経済系が入っていたけど、そうじゃなかったら、またギリギリになっていたと思う。

posted by NOBU at 23:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする