2018年01月17日

公式問題集は最高の教材である。

「試験勉強において過去問は最強の問題集である」ということは受験業界では常識だ。

だからこそ、受験の時には、志望校の出題傾向を理解するため、あるいは受験勉強を効率的に行うため、過去問を集めてきて勉強することが一般的である。(赤本はその典型)

英語の試験も同じだ。

これまで、TOEIC、英検1級と受けてきたが、前者は公式問題集、後者は過去問を中心に勉強してきた。

しかし、IELTSだけはこれまで公式問題集をやってこなかった。

それは

@公式問題集が高いので、他の解説本に目移りしてしまったこと

A傾向からWとSのスコアが取りにくいことがわかっていたので、そちらを重点的に対策する必要がある

などの理由で、別の本を利用していた。

過去の本等は、参考:IELTS対策スタート

ここのところリーディングとリスニングでいまいち出来が悪いので、IELTSでは史上初の公式問題集を購入した。



やっぱり、公式問題集は最高の教材である、ことに気がついた。

とくにLとRは公式問題集はやはりいい。

TOEICのR&L、英検の一次試験では、過去問や本番に近い公式問題集は傾向がつかめるし、それも新しければ新しいほど傾向と対策に役に立ってきた。

IELTS公式問題集も同じだった。

例えば、リスニングではここのところ本番でいつも間違える(というか勘で解いてしまう)ところがはっきりわかったし、リーディングも悩ましいエッセイ風の文章の対策に非常に勉強になる。

一方、IELTSの公式問題集では、ライティングとスピーキングは残念である。

ライティングのサンプルアンサーは受験者のアンサーが紹介されており、それがどのくらいのバンドスコアになるかが示されている。目標バンドスコアを取るためにはどうすればいいかを考えるにはいいのだが、高スコアを取るために新しい表現を得たいな、という場合、バンドスコア5.5の解答例が紹介されていたりすると参考にならない。

スピーキングにいたっては何もない・・・

つまり、IELTSの場合、公式問題集は残念ながらライティングとスピーキングについてはあまり役立たない。

実際、ライティングとスピーキングの出題は、結構似たような問題が繰り返されているようだし、出題分野別に対策をする方が効率的だと思われる。そもそも公式問題集1冊では4つのテストしか含まれていないので、ライティング、スピーキングの良く出題される全分野を網羅しているわけではない。

それでも、リーディングとリスニングについては、公式問題集は最高だ。

ということで、最近はもっぱら公式問題集でリーディングとリスニングを再度鍛えている。

posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

IELTS対策スタート

今シーズン(2017年度)の目標であるIELTSのSW7.0以上がまだ達成していない。とくにWは7.0に到達することができていないので、あと3ヵ月で目標スコアをゲットしたいと思っている。

前回のIELTS以降、基礎固め期間として、スピーキング対策として高校英語教科書(2年生)のシャドーイング、ライティングの能動語彙対策としてデータベース4500をやってきた。

年も明けたので、これからは試験対策一本に絞ってIELTS対策をしたい。照準は3月20日に設定した。仕事的には2月末でヤマが去るはずなので、余裕をもって3月の試験を迎えられると期待したい。

これまでやってきたIELTS教材は以下の3冊。


ライティングについては、上記3冊の全英作文課題をPCで作文、添削して、自分なりにポイントを整理したファイルを作成したし、スピーキングもとくに「完全攻略」については話す内容の原稿を作成した。

ただ問題は、リスニングとリーディングが不調だということ。1年前にL7.5、R8.5をとって以来ここ2回はいいスコアがとれていない。Lにいたっては前回6.5に落ちるなどちょっと問題である。

理由としては、なんとなくIELTSの傾向が変わった感じがしていて、LでもRでも聞いたこと、読んだことないような分野(知的財産、スポーツサイエンスなど)に戸惑ったという点が挙げられる。

ライティング、スピーキングも同じ材料を何回もやっていてちょっと新鮮さが欲しいと思っていた。

そこで、最新の傾向を反映している(であろう)公式問題集をやりたいと思って、新年のお年玉として、以下を購入した。



3月20日が本番。試験まではこれを3回繰り返すことを目標としてやっていこうと思う。
posted by NOBU at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

いざという時単語・フレーズが出てこない

この漫画にあるような経験はみんなしていると思う。

BBC9E41C-6155-4979-9EF6-D0CF1899C25C.jpeg

特に日常のことになればなるほどこの経験は多い。仕事の話はできても日常の話は意外に難しい。「とっさに出てこない」のだ。

ということで今回読んだ本はこれ。



結論から言うと

日常の表現をストックしておけ!

という当たり前のことだ。

まぁそうは言っても、どうしてそうなのか、ということを人は知りたいわけで、それをこの本では以下のように説明する。

私たちの厖大な頭の記憶データは4つの力で支えられ、英語が使われるとしている。

「取り出す力」→「組み立てる力」→「発話する力」→「対応する力」

私にとっては、必要な語彙やフレーズを「取り出す力」、そしてそれを「組み立てる力」が足らないと感じていないので、参考になった。

英語を使う人(通訳、翻訳の人など)は常に多くの英語に接し、長期記憶をメンテナンス(記憶の補強)しているようだ。

キリン(giraffe)を思い出せないということは、キリンという言葉が英語として長期記憶になっていないということだ。そのため、日常のことを常に英語にすることを勧めている。またリプロダクションエクササイズ(読んだ聞いたセンテンスを再現すること)もいいという。これらの練習が「取り出す力」の強化になるらしい。

次に「組み立てる力」としては、日常フレーズを丸暗記してしまい、自動化することが重要であるという。コーヒーをください=Can I have a coffee?というふうによく使う表現をストックしておくとさっと組み立てて話せるという。エクササイズとしては今日やる事(Things to do list)を言ってみるようにするといいらしい。

そして「発話する力」としては、間違えやすい子音、母音をクリアにすることをすすめている。そのための練習としてフォニックスがいいそうだ。

あと、最後に勉強になったのは、心理的なバリアの話。日本人の謙虚さは自己肯定感が下がるし、他人を気にすることは英語が下手になる事につながるという。確かに、自分は英語が苦手ですという感覚は自己肯定感のなさや自信のなさにつながるし、英語が上手い人の前では委縮してしまうところがある。これを克服するには、場数を踏むことがいいらしい。海外体験などはその典型的な練習法になるという。

私もNon-nativeの人と話すのはなんとも思わないが、Nativeの人とは委縮してしまう所がある。ロンドンにいたとはいえ、職場ではNon-nativeが多かったので、ここを克服する機会にはならなかった。Nativeと話す機会をたくさんもてるといいのかもしれないと感じた。





posted by NOBU at 08:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

海外ドラマはたった350の単語でできている

英語へのモチベーションアップにつなげようと英語学習本を読んだ。

今回読んだのはこれ。



Amazonではレビュー数が多い(私的には☆の数よりもレビュー数が気になる方だ)。実際、参考になる部分が多かった。

本書のおもしろかったところは以下の2点だ。

1)重要単語を攻めろ


Sex and the Cityのドラマから単語をすべて拾い出し(1万2088語)、その中で5188個は1回しか使われていないことを明らかにした。そして10回以上出てくる単語が全セリフ(294586語)のうちの92%を占めており、これらの単語は1896語だという。つまり2000語ほど単語を知っていればセリフの90%は理解できることになるはずだ。

そして全セリフの80%は350の単語で出来上がっていることを突き止め、中学レベルの重要単語を確実にすることをすすめている。

スピーキングはこの350語程度で自分のことを表現するもの程度で大丈夫、でもリスニングは高いレベルが必要だよとする。


2)1秒英作文

会話ではすぐに反応することが必要だ。そこで本書では簡単な英作文をすぐにやることをすすめる。

とくに主語を自分にして子供がわかるような日本語を作り、350個の単語を使って英作文する。

朝早く起きた、

なら

I got up early this morning.

のように。

そして、自分フィルター英作文、つまり自分を主語にそして自分の感情や認識を示すものを作って、何回も回して自分で言えるようになろう、そうするとそもそも会話は自分が主なので会話力が高まると主張する。

私がロンドンで英会話に困ったのはまさに日常の簡単なことだったので、自分の日常を描写する英語はとても重要だと思っている。

あとはリスニングのコツだが、これについては目新しいものは感じなかった。字幕での瞬発的な理解力を備えるのが基本なので、字幕を追って理解する読解力をつけて、あとは耳で理解することを繰り返して練習する形だ。

本書は簡単なスピーキングができるようになるにはたくさんのヒントが詰まっている。私みたいに英検やIELTSを中心にやってると、どうしても社会的な出来事を他人事のように語ることが多い。でも日常会話は自分の気持ちや動作を表すことが多いので、それをどう身につけようかという人には本書はとても参考になるだろう。
posted by NOBU at 19:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

英語学習のメカニズム

モチベーションあげるためにいろいろ本を読み始めた。



副題通り第二言語習得研究にもとづく効果的な勉強法を紹介するもの。

簡単にまとめると第二言語の習得には

インプット

ーーーーー
気づき

理解

内在化

統合
ーーーーー

アウトプット

*なお、気づきから統合までは簡単に「中間言語」という言葉に置き換えて説明している箇所もある。インプットした英語を自分のものとしてアウトプットするまでの過程のことであり、「気づいて理解して納得して自分の知識と統合できたら、使えるようになる」ということ(えらいはしょったけどw)

この理論からすると、大量にインプットして、アウトプットをすることにより言語が身につくという至極当たり前な結論になる。

そのほか動機の研究、学習方略(Learning strategy)、学習スタイルの成果を紹介しつつ、英語勉強への役立て方を書いているが、どうも学習者は多様であるため、一つの普遍的、包括的な方法はないようだ。

それでも、動機については、人間の3つの欲求、自律性(やらされているのではなく自分が選択してやっていること)、有能性(やればできるという達成感を味あうこと)、関係性(皆と協調してやっていきたい)を活かすことは参考になった。

学習スタイルにあった方法は重要だけど、好みにばかり走ると必ずしも優れた結果をもたらすわけではないことが研究の成果からわかっているようで

好みの学習スタイルを明らかにして
四技能を得意順に並べて
得意不得意の学習スタイル、得意不得意のスキルをマッチングして
学習内容を選定し、実行する
振り返りを行い、やり方をブラッシュアップする

というのは参考になった。好きなリーディングと不得意なスピーキングをマッチさせて、黙読と音読を繰り返すとかいうのがいいのかもしれない。



posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

メンタル

なんだか英語のモチベーションが上がらない。いや勉強が嫌とかいうことでもなく、毎日の習慣なんでやることはやるんだけど。

メンタル的に英語勉強を妨げている感じがある。

メンタルブロックっていうやつだ。

一つはIELTS。スピーキングとライティングで7.0以上、OAで7.5を取りたいんだけど、思ったより壁が高い。ほんとに超えられるのかという気もしてきている(いわゆる弱気)。

試験は英語学習の外的動機の一つなんだけど、その目標に向かう気持ちが弱くなっている。

もう一つは、今回の英語やり直しのキッカケになった「若者に負けんぞ」という気持ち。ツイッターランドから外に出れば、そんなに負けている気がしないので、まあこれでもいいかという気にもなってくる。(ツイッターランドには私よりできる英語の猛者がわんさかいる。)

最後は、内的動機の薄さ。英語学習には複数のかつ内的外的動機が組み合わさるといいんだけど、どの程度の英語話者になりたいとかが曖昧だし、ロンドンに1年住んだけど、「あーイギリス文化大好き!」というのもない。仕事的に英語使うけど、圧倒的にノンネイティブの人の方が多いので、まあこんなものでもいいかと思う時も多々ある。イメージ像、文化的憧れ、仕事環境の3つでもモチベーションが強化されていない。

もちろん英語うまい人見たら憧れるし、極度に緊張すると英語がグダグダになるから、そういう時はもっと上手くなりたいと思う。


あとのメンタルブロックは、英語環境と学習法に関するもの。

Studyplusで計測してわかったことは、1日の勉強時間は2時間程度しかなく、休みの日はもっと減ったりするし、仕事しているといろいろあるので、仕事で気持ちが持っていかれてしまうことがあったり、嫁の機嫌で家での学習にも影響が出る。それらを考えると、おそらく年間5〜600時間程度の量しか英語に触れられていない。

もう一歩英語力を高みに持っていきたいとすると、もう方法よりも時間の問題だと思っている。その時間が確保できないなら、やっぱりこれ以上勉強するのは無理かもと思ってしまう。


方法に関しても、スピーキングの練習がいまいち捗らない(というか続かない)。IELTS前は模擬問題等をスピーキングして録音したりしたけど、今は自分の作った解答を眺める程度。独り言も捗らないし、DMMもフィードバックがイマイチ(よく喋れるねで褒められておしまい)だし、なので再開する気が出てこない。

英語ってやはり話せてなんぼという側面がある。この歳になってソコソコのポジションにつくとパブリックスピーキングもある。だからがんばらないとは思うんだけど・・・

結局、オッちゃんでも英語できるようになる!という強いメンタルが必要なんだけどね。(メンタルブロックを外すために、地道にマインドマップを使って、弱い気持ちを吐き出しつつ、今に集中できるようにしている。)

(今日は愚痴のエントリー)

posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

Studyplus卒業(←はやっ!)

9月よりStudyplusを始めたが、先週より記録をつけていない。

つけていないのは、毎日の勉強量が把握できたら、毎日同じような繰り返しなのでただの入力作業になったという側面が大きい。一か月も続けると同じ内容の繰り返しだしね。

「続ける」というモチベーションはStudyplusがなくてもできるので、とりえあず卒業することにした。

Studyplusで客観視された結果をどのように活用して、現在の勉強面でどう生かすかが次の課題だろう。

仕事しながらだとスキマ時間を利用しつつ平均2時間程度英語勉強にあてられているということがわかったのはStudyplusの収穫だ。

平均勉強時間をあと1.5倍、3時間にしたい。

記録を振り返ってみると、3時間の勉強ができていたのは、外回り(電車時間)が多いときという特徴がある。結局、勉強時間は仕事と家庭の「スキマ」で生み出されている。今後の改善点は通勤時間を伸ばす(遠回り)、駅のカフェを利用する、といったところだろう。

posted by NOBU at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

4回目のIELTSの結果

さて、9月30日に受けたIELTSの結果がWeb上で閲覧できるようになった。

結果は・・・・

1710IELTS結果.jpg

とりあえず、スピーキングは目標の7.0に到達!(^^)!

ライティングは、前回よりできがよくない感覚だったが、なんとか6.5を維持。とくにTask 1では苦手な二つの表を比べるというもの、それもアンケート調査の結果を読み取るもので、うまく動詞を扱えなかったこと、それに加えてもう少し数字を出して詳細に説明するということができなかった。Task 2は犯罪もの。犯罪系は昔から語彙が不足していて苦手だったけど、これは練習していたので、とりあえずは書けた。ただ採点基準のTask Responseに答えていたかどうかが不安だった。

振り返ってみると、Task 1の採点が占める割合は1/3なので、全体のスコアにあまり響かなかったのかもしれない。やはりTask 2の出来がスコアに影響するんだろうなと思った。

しかし、リスニングとリーディングのスコアがここ2回悪すぎる。

過去4回の点数を振り返ってみるとこんな感じ。

1710IELTSスコアの変遷.jpg

もちろん、今の目標はスピーキングとライティングを7.0以上にすることだから、リスニングとリーディングの準備は適当なんだけど、それでもちょっと問題だ。ロンドンで受けた時の方がやっぱり自然に聞くことと読むことの機会が多かったのか、それとも英検1級頑張ってたから、リスニングとリーディングの力がついていたのだろうか。

理想としてはLRWSを7.5 8.5 7.0 7.0をとって、ぴったりOA7.5にしたい。

IELTSのOA7.5はイメージとしてはTOEFL100超えにあたる。次回の受験は少し先延ばしにして、次で決着をつけたい。(受験料が高すぎるのでw)




posted by NOBU at 22:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

高校教科書進級(笑)

約1年半、休むこともあったけど、高校1年生の教科書であるクラウンのコミュニケーション英語Iをずっと暗唱していた。



さすがに内容に飽きてきたのと、自然に口をついて出てくる部分も増えたので、教材を変えようと思っていた。

どの教材を使うかいろいろ悩んだけど、基本を大事にしようと思っていたので、おなじく高校教科書クラウンのコミュニケーション英語IIにした。(進級w)



この教科書を使って4技能をしっかり鍛えたいと思う。やり方はこんな感じ。

1)リーディング

精読しつつ、単語やフレーズの理解がおぼつかないものは英英辞書等で確認する。章末の習うべき文法事項を忘れていないか、曖昧なら文法書で確認。

各章末の問題を解いてみる(解答はないので自信を持ってこたえられるよう精読する)。


2)リスニング

電車や徒歩等で教材を使えないときはひたすらリスニングをする。やみくもに流さず精聴する。聞き取れていないところ、意味が入らないところは頭の片隅でチェックしつつ、何回も聞く。


3)スピーキング

精読が終わった段階で、暗唱に入っていく。


4)ライティング

暗唱したものを書いていく。

理想としては半年(来年3月末)を目途に続けていきたい。

IMG-0903.JPG
(今回も千葉の教科書販売店から新品を購入。ただ来年度より新しい版が出るらしい)
posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

上を目指すのは難しい・・・

今回IELTS受けて、改めて一段階あげること、とくにライティングで6.5(B2)から7.0(C1)の難しさを感じた。

TOEICも985と990の差はとてつもなく大きいし、英検1級も合格(2630)までいけても2850以上になるとかなり難しくなってくる。IELTSもおそらく7.5までは狙えるんだろうけど、その上はかなり難しいだろうなと感じている。とくにアウトプット2技能をC1レベルにあげるのは結構大変だなと感じた。

語彙で英語力を語ってみよう。

おそらく、基本3000単語でかなりの部分(9割)が理解できるんだと思う。この3000単語の操作度、つまり自分の言葉で認識できる、使える度合いが高ければ高いほど、言葉は流ちょうになり、いわゆる話せる人になると思う。となると基本3000語の語彙と表現を自分のものにしていけばいくほど英語力は上がるだろう。

ただここから難易度が上がってくるような気がする。

まず、語彙を5000から10000語まで増やしていかないと、言葉は理解できてるし、言いたいことも言えているけども「場面にあった語彙」「細かなニュアンス」が示せないと思う。実際には、私たちの語彙は上記3000語レベルと勉強で覚えた5000から10000語レベルの語彙を持っていて、とあることを表現するのは楽だけど、これはうまく話せないとかになるんだと思う。

そして、さらに英語の使い手になるには1万語以上(上は際限なし)を目指す必要がある。3000語レベルでは幼稚な表現しかできないことになるし、ある程度教養ある英語を話す、社会問題を語ることができる、ようになるには1万語は必要だ。極端な専門用語でなければ、1万語以上あればどの分野もさわりは理解でき、もしかしたら語れるかもしれない。

1万語は専門的なことでも理解できる土台になるような気がするし、ここが(大人の)ネイティブレベルの英語力に近づくスタートになるだろう。

これを勉強面で考えると、

基本3000語を自由自在に操れれば、とりあえず日常はいける。となると基本表現の操作性を上げることが重要なので、瞬間英作文などのトレーニングはとても有効だろう。

次の5000語から1万語レベルになってくると、難度の高い試験(TOEIC900以上、英検1級など)を利用して、語彙力を高めつつ、表現を広げていくような勉強ができれば最適だ。

この上を目指すとなると、難しくなる。まず単語量がこれまで以上に必要となってくるので、多くの単語を認識し、場面にあったように使えないといけない。次に、覚えたものを常に使い続けるには、あまりにも出会う頻度が低いので、なんらかの工夫が必要になってくる。

日本に住んでるとかなりの単語を忘れてくるので、常時1万語以上を維持するとなると、相当多読多聴を続ける必要がありそう。


posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする