2019年06月20日

英語学習の気持ちが迷子状態

先月末あたりからずっと英語学習に対しても何かメラメラ燃えるような気持がないことに気がついた。

いや、そもそもそういう気持ちになってたんだろうけど、自分自身の心に気づかないふりをしていたというのが正確かもしれない。

やり直し英語を初めてちょうど5年になる。

英語を学び直そうというきっかけは簡単に言うとマウンティングだ。海外経験のない若者が平気でTOEIC800以上を取っているのを聞き、海外経験のあるオッちゃんとして負けられないというのがきっかけだった。

TOEICも900超えて、それをある若者に話したら、「TOEICって話せるようにならないでしょwww」と言われたので、4技能ある英検にシフトした。英検も5回合格したらもう飽きてきて、勢いでIELTSにシフトしたけど、この2年惰性で受けているのも事実。

TOEFLではなく、IELTSを受けようと思ったのは、英検1級以外でC1レベルを保障する資格が欲しかったこと、TOEFLより試験時間が短かったという点にある。

いずれにせよ、試験でC1レベルを証明しておいて、若者にマウンティングしようと思ったのが勉強をやり直すモチベーションだった。


現在は、IELTSでとくにアウトプット二技能を、同時にC1レベルであることを証明したいという気持ちはある。


でも、2年間もIELTSやってると惰性になってくる、英語学習5年ともなると学習自体がマンネリ化してくる。


一つは動機面。

「何のためにやっているのか」と自問することが多くなった。試験でマウンティング取ろうとしても、Twitter界には高スコアの人たちがうじゃうじゃいる。IELTSで8.0でも取らない限り、マウンティングは無理だ。

そもそもいい年したオッちゃんが英語マウンティングを取ろうとすること自体が情けない。

そんなことに時間を費やすぐらいなら、本職でスキルを磨いて、退職後の展開を考える方がよい。そもそも英語で退職後何かをする気はない。

最近とくに定年後の第二の人生をどう生きるか、施設に入る第三の人生の前に何かやりたいことをやっておきたいと焦るようになってきているのも、英語やってていいのかという気持ちにさせている。

ということで最近こんな本を読んだ(笑)




まぁなんら目新しいことはなかったけど。


二つ目は英語学習の方法論だ。

アウトプット二技能を高めたい!という気持ちはあるが、話しても書いても進歩している感が少ない。

試験対策として参考書をゴリゴリやるというのが自分に合ってたけど、どうもこれも限界かもしれない。「英語は、最初は勉強、途中からはトレーニング(JetBullさん)」に変えていかないといけないような気がしてきている。


また同じくJetBullさんのYouTube聞いてて、試験だけの勉強の限界を感じるとともに、試験にとらわれない幅広いトレーニングが英語力、ひいては試験力を高めるのかも、と思うようになってきている。


ということで、やはり英語勉強「迷子」状態が続いている。「なんのためか」(動機)や「どこに向かうのか」(目標)は脇においても、とりあえず会話とライティングで、もう一段上に行きたいという欲求はある。
posted by NOBU at 08:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「施設に入る前」(大爆笑)
私も同じように感じるときありますね〜。
何のために、どこに向かうのか

ですわ。。。(汗)
なんとか無理くり、目標を作ってやってる感じです。。
この年代に来ると「何でもどうでもよくなる」というか「執念がなくなってくる」んじゃないかと。。。。

先も見えてきたし、どう、健康寿命を維持して、夫婦とか子供とか、親のこととか、仕事とか、お手玉のようにうまく回し続けて落とさずに上に上げとくかじゃないかなと。。。

あと、自分の親の人生を自分が物心ついたときから思い出してみて、
そんなすごい人生、偉業を成した感じでもないし、普通に堅実な普通なありふれた人々のような人生を送ってたわけで、

ま、「その親あってこの子あり」の人生なんじゃないかと思ったりするわけですよ。

でも基本、英語ワールドは語学学習に限らず、「異国」が好きなので
死ぬまでに旅行や洋画や洋書という作品は楽しめたらなあと思ってます。

お互い一日一日元気で(笑)
「あ〜あのとき、結構お互い英語の勉強してましたね」
とまた再会してみんなで話しできますように(爆爆)

ではまた〜♪
Posted by 大阪の主婦 at 2019年06月27日 23:50
主婦さん、ありがとうございます!

職場で、バリバリやって組織の中で認められてかなりの地位まで登り詰める人、組織からある意味疎まれている人という対照的な先輩がいました。その方たちは同時退職でしたが、退職後のプランを聞いてみると、前者は「家でやりたいことをやって過ごす」とおっしゃり、後者は「NGOで○○をするんだ」とおっしゃっていました。

なんか後者の方が第二の人生が充実しそうで、そのためには組織にうまく使われるよりも、その後を踏まえて、退職前に自分のやりたいことで社会貢献できる準備をする必要があるなぁと感じています。

そんなことを考えると、「英語やってる場合か!?」とつい思ってしまいますが、確かに第三の人生の時に、「英語の勉強やってたなぁ」という話ができるのは楽しそうです。
Posted by NOBU at 2019年06月28日 22:29
退職してからの人生ですよね〜。英語を教える仕事をしてきてもうすぐ退職予定です。英語を教える時以外英語は使う機会のない田舎です。退職を決意してから、もう、英語の勉強しなくなりました。他の趣味を見つけて以来、そっちにのめり込んでしまいました。子供も独立し、お金の余裕もある程度は確保できたいま、のこりの人生、自分の好きなことだけをしていこうと思ったら、無理くりに英語勉強する意味がないと感じ、あっさり執着がなくなりました。きっと英語力はどんどん下がると思いますが、英語で自分の主張をする気ももう、ありません。リタイア前まで、いろんなことを犠牲にして我慢して生きてきた人生だったなあと感じています。生活していくこと、老後のための貯金をすること。充分幸せに生きてきたけれど、それでも何かに縛られていたと感じます。物理的な要素のほかに、自分の思い込みや観念などです。70歳を過ぎるといろんなこと忘れていくといわれています。また、身体的な制限も出てくるでしょう。こんなふうに心境が変化するとは自分でも思っていませんでした。なんか、ヘンなおしゃべりですみません。
Posted by よしみちゃん at 2019年09月17日 17:11
よしみちゃん

ありがとうございます。好きで選んだ仕事でもだんだんやりたいことではなくなっていくように思います。私もマウンティングとるために英語やっているし、仕事でつかっているから英語やっているようなところがあるので、将来的にはほんとにやりたいことではないかもしれません。

最近は、退職したらやりたいことリストをつくるようになりました(笑)
Posted by NOBU at 2019年09月20日 17:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: