2019年06月13日

英語ライティングこれ一冊

Amazonでいろいろ物色していたら、この本に目がとまった。




一通りやったので、感想なんぞを。

本書は、文法編と実践編に分かれており、文法編では英作文で押さえるべき文法事項と練習問題が用意されている。実践編では、エッセイの構成、イントロ、ボディ、コンクル―ジョンの形と確認を行い、ここでも練習問題がついている。

またボディの書き方では、英検2級や準1級のように論点(ポイント)が示されているものと、TOEFLやIELTSのように示されていないものにわけて解説、練習ができるようになっている。


やった感想としては、

1.例文がよい
 すべてにおいて、例文が英検からIELTSなどの作文を意識したものになっている。これが受験参考書とちがって、英検等に特化して勉強するにはいい。

2.練習問題が充実
 練習問題が充実している。基本的に本文でやったことを実際に自分がやることによって、身につけるという構成はよくできていると思う。

3.ネタも豊富
 実践編では、英検が好きな時事系であったり、Pros&Consの定番ネタが入っているので、一通りの重要なネタはカバーできている。

4.模範解答の水準が適切
 模範解答がかなり高度なものにしておらず、手を伸ばせば届きそうなものになっているので、解答がかなり参考になる。ネタと合わせて、解答を読むだけでも試験準備になりそうだ。


ただ、欠点としては

1.文法事項はやや冗長
 文法事項はよくまとまっているけど、使いやすさで言えば、やはり小倉の『例解 和文英訳教本 (文法矯正編)』プレイスには負ける。ただ例文がこちらの方がいいので、それぞれ一長一短があり悩ましいところだ。

2.アイデア出し
 本書は、ボディを書く時の論点をどのように生み出すか、「デティールからトピックへ」という方法を提唱している。練習してみたけども、私にはあまり機能しなかった。(私としてはマインドマップで十分かなという気がしている。)


というところだろう。

posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | ライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: