2019年05月16日

高校教科書の音読again

スピーキング力アップのコツはやはり音読、とくに口が自動化して動くところまでしていくことが有効だ。

(と頭ではわかっている)

電車通勤が英語学習のメインの時間と場所であるオッちゃんにとっては、普段の学習ではどうしても音読が後回しになりがちである。


そこで、

とある土曜日に思い立って、英語教科書(2年生、クラウン)のとある一課を3時間ほど音読してみた。

しんどかったけど、以前から音読している材料なので、かなりはやく暗唱に近いレベルに持っていけた。

ということで週末音読、ウィークデイは音声を聞きながらつぶやきシャドーイング、電車の待ち時間に頭で再生などを4週間やってみた。

ちょうど冠詞も勉強しているところだったので、音読の中では、冠詞の意味やニュアンスを意識し、単数複数も気にかけるようにした。

4週間(4課分)やりきってみて、現在は休憩中である(笑)


やはり音読→発話の自動化はとてもいい。

そのうちまた再開しようと思っている。


一方、発音の悪さがとても気になるので、最近発音も少し勉強する必要があるなぁとなんとなく感じている。
posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: