2019年03月14日

苦手な文法項目

ライティングやスピーキングをしていて、不安な文法項目がある。

それをつぶすことを決意した。

とくに比較級と仮定法である。勉強しているときにはわかっているつもりでも、実際に使用するとなると「どうだっけ?」ということになりがちなのだ。

やり方はいたって単純。

基本は

1)大矢本の関連項目の和文例文を用意

2)例文を音読(電車の時は音源を耳で聞きながら頭で音読)

3)実際に和文から英文を作成

4)文法解説を読み、添削し、気づいたことがあればメモし、必要であれば辞書も活用

応用編として

1)小倉本の関連項目の和文例文を用意

2)同じく作文前に英文を読んでおく

3)少し時間たってから和文を英作する

4)解説を読んで、気づきをメモ

やったのは比較級と仮定法、ついでにAll in Oneの関連英文もチェックしておいた(実際の英作はしなかったけど)。

比較級についてはかなりよくなり、実際のスピーキングでかなり自信をもって使えるようになった。

仮定法については、頭の中で、これは直説法か?仮定の話か?考えるヒマのないスピーキングでは無理である。

これはこれからの課題。

FC5F4BD7-55BD-43EB-ABC2-08D401336370.jpeg
posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | ライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: