2019年02月14日

DMM英会話復活

1月末よりDMM英会話復活を復活させた。前回が8、9月の60回ほどやったので、4か月ぶりの復活である。

スカイプを利用した英会話はずっとやっているとマンネリになるし、同じ表現の繰り返しになりがちだ。

新しい表現をインプットしつつ、定着のためにアウトプットも組み込まなければならないと思っている。ということで、ここ1年はIELTSの受験と合わせて、4か月のインプット期間ののちに、2か月のアウトプットというルーティンが出来上がりつつある。

教材は

Conversation Questions for the ESL/EFL Classroom


である。これは【TESL】[teaching English as a second language]、つまり第二言語としての英語教授法で使われている教材だ。

これを片っ端からやっていっている。もちろんIELTS対策を兼ねているので、まずIELTSでは出てこないであろうトピック(Baseballなど)やあまりにも質問が少ないものは飛ばしつつ、さまざまなトピックについて自分の考えを英語で表現できるようにしようと思っている。

現在、復習しているDUOやオールインワンの表現を使うことを念頭にしつつ、アウトプットしている。

でも、お金の節約からNon-native講師の授業なので、中には自分と同じくらいの表現力しかない人もいるのもたしか。

それでも、質問さえしてくれれば、自分で話をしていくので、独り言よりもFace to Faceのコミュニケーションになるので、話すという強制力がある。

そういう意味では、話す機会を作れるDMM英会話はいい。

posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | スピーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: