2019年01月24日

英語らしい文章を書くには(3)『英語「なるほど!」ライティング』

英作文の読書もこれが最後。

語彙を覚え(IELTS的にはLexical Resource)、文法的に正しく書けるようになり(IELTS的にはGrammatical Range and Accuracy)、英語らしく表現できるようになっても

「つなぎ方」(IELTS的に言えばCohesion)がなければ、意味がない。

一文、二文を書くならまだしも、ある程度まとまった文章力が試されるIELTSにとって、また採点基準から考えてもCoherance & Cohesion(論理の一貫性と流れの良さ)は重要だ。

ということで読んだ本がこれ。



これもいい本だった。

本書は

Chapter 1 センテンスの作り方
Chapter 2 複数のセンテンスをつなげてみよう
Chapter 3 文章にまとめる

という作りになっており、センテンスをどのようにつなげるかというChapter 2が本書の肝だ。


まず、センテンスで重要なのは

Romeo loves Juliet.

という文章があったときに、主語のRomeoがトピックであり、loves Julietがステートメントになるという。ステートメントの語順が説明されたあと、

複数のセンテンスをつなげるときに、

トピックを共通化すること
トピックに関連づけること
ステートメント内の情報を次のトピックにすること
2つのセンテンスの場所、状況、時間が同じであることを示すこと
論理的なセンテンスを展開するために、
 @因果関係(It is because, The reason is that, as a result, therefore, thus, consequentlyなど)
 A共通・相違(also, too, likewise, similarly 共通、however, on the other hand, in contrast 対比)
 B説明(for example, for instance, specificaly)
 C順番(First, Second, Thirdや First, Next, Then, Finally)
 D情報追加(also, in addition, additionally, besides, moreover, furthermore)
 Eまとめ(In conclusion, to sum up, in short)
などの「つなぎ言葉」を使うこと


が示されている。

Chapter 3では、4つの文章形態が説明されているが、IELTS的にはPersuasive text(説得する文章)だけで十分だろう。またこれについては他の専門書が多い。

また本書の特徴として

英語が平易
簡単な練習問題が豊富

というのもある。

英語が苦手な人でも読みやすく、かつ英語をまとめて書く時に非常に参考になるだろう(Chapter 1と2はほんとおススメ)。

posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | ライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: