2019年01月03日

9月のIELTSに向けて

これまで、英語学習の計画イメージは年度ごと(4月から翌年3月)に考えていた。

けど、今年度は3月のIELTSを見送ることにしたので、新しく英語の学習計画の見直しが必要だ。

まず、IELTSのWSで同時7.0以上という基本的な方針は変わっていない。

そこで、9月末のIELTSを焦点にする。

それまでは、Output2技能の実力をアップさせることに集中したい。


1)単語力の向上

英検1級からIELTSに移行し始めて、正直英検1級レベルの単語力が下がっている。仕事がら英語ニュースをあさる時があるけど、英検1級学習で見たことあるけど、思い出せないというのが増えてきている感じがしている。

そこでこれからは

英字新聞等でわからなかったら、単語ノートをつくる。それを繰り返して復習できるリズムをつくる。

あとはIELTSの単語集をやる。候補はこれ。



これは、どうもセルフスタディIELTS必須ボキャブラリーの著者RAWDON WYATTの最新版ではないかと思われる。Kindleでサンプルをダウンロードしたところ、単語帳ではなく問題集形式なので、飽きずにできそうだ。


2)スピーキング力の向上

実践力として、DMM英会話を2,3月、8,9月の4か月やる

ここ2年このペースでDMM英会話をやっているけど、これがちょうどいい感じだ。4か月のインプット、2か月のアウトプット練習というサイクルである。

インプットとして、高校教科書、DUOAll In Oneの音読をしつこく繰り返す。これらはすでに100回以上音読してきたが、さらにもっと自分のものにしていきたい。

一方で、シャドーイングの幅を広げる。教材としては、BBCの6 minites Englishを使ってみたい。これまで聞いたり、聞かなかったりだったけど、スクリプトがあること、内容テーマが面白いこと、新しい語彙も得られるという点からもう少し真剣に取り組もうと思う。


3)ライティング力の向上

これは最近楽しくなっている分野だ。格調ある英文を書くことができるようになりたいという気持ちが最近とくに強い。

オッちゃんなのに書いたら子供っぽいというのは避けたいし、多少スピーキングで不便があっても、内容のあることを読ませ、しかも教養ある英語で書けるようになれば、世界への発信が可能だ。(何を発信するかは置いといてw)

英作文の参考書としては、例解和文英訳教本をメインに、何種類かの本に目を通し、IELTSの過去問等を実戦用として練習していこうと思う


516F8C66-3BCC-4A02-A20D-0BB0AC3A5EE3.jpeg

(ネットで見かけたこれがきっかけで本エントリを書こうと思った。)

posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: