2018年12月16日

猛牛の音読ジム

T’z 英語ラウンジで開催されたJet Bullさんの音読セミナーに参加した。

ツイッターでは英語系クラスタにいるので、勉強会やらセミナーなど情報は多く入ってくるけど、自分の関心にぴったり合うということはほとんどなかった。(TOEIC系が多いというのもある。)

今回のセミナーに参加しようと思ったのは、

講師のJet Bullさんは、ブログが勉強になることから、前から注目していた方だということ、ロンドン時代にSkypeで話したことがあり、一方的に親近感を持っていた、ということがある。

それに加え、テーマも私自身がずっと悩んでいる「声を出して練習する」、つまり音読だ。

<過去の悩み>
音読・シャドーイングに関する「私の履歴書」


これは参加しないともったいないと思い、予約開始すぐに申し込んだ(すぐに満席になったようで、決断としては正解だった)。

猛牛の音読ジム.jpg

一日参加して得たことをまとめておこう。


収穫(1)シャドーイングのやり方


シャドーイングのやり方については、ユーチューブでは確認したことあるし、シャドーイングの本も読んだことあるけど、いつも不安だった。

今回、生で人がやっているところを見ることができ、また参加者と一緒にできたのは、とても参考になった。

意味を考えずにシャドーイングしてもいいこと、ながらシャドーイングもいいことなど、自分がやっていたことが肯定されたので安心もした。


収穫(2)さらに先を目指す音読

一般的には、音声よりも早くシャドーイングできたら、その教材についてはOKとされる。(Jet Bullさんは逆シャドーイングと呼ぶ)

でもJet Bullさんの音読ジムはさらなる高みを目指す。

シャドーイング、音読を暗唱にまで持っていき、スピードにしても200wpmというニュース番組レベルまで持っていこうとする。

これは意味を考えながら暗唱するというよりも口が自動化することが目標になる。

それだけではない。今回は体験しきれなかったが、自分の言葉のように自在に操れる暗唱にすること、自在化が究極の目標だ。

セミナーで利用した教材は難しいものではないにもかかわらず、また文字数も100ワード未満だったのにもかかわらず、そしてほぼ一日繰り返したにもかかわらず、200wpmまで持っていくことはできなかった。(180wpm程度)


これからわかったことは、今まで音読、暗唱材料として使ってた高校教科書はまだまだやりこむ余地が残っていることに気がついた。


収穫(3)出会い

ツイッターで相互フォローしている方とお2人にあいさつができたw

また、ペアワークの相手となったとなりの青年がとても好感度の高い人で、発音が私よりも上手だったので刺激を受けた。長時間のセミナーで、へたってしまうのではと心配したけど、あまりに好青年ぶりに、いつもの「若者に負けたくない」モードが全開し(笑)、一日頑張れた。(席を手配してくださった主催者の方々に感謝。)

そしてなによりも生Jet Bullさんにお会いできた(笑)想像通り、いい方である。


いずれにせよ、今回のセミナーで音読やシャドーイングに対して強いモチベーションがわいたので、日々の勉強に取り入れていこうと思う。



posted by NOBU at 22:12| Comment(2) | スピーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Jet Bullさんの音読セミナーを受講された纏めを記事にしていただきありがとうございます。

私も参加したくて一時かみさんにお伺いを立てようかなと思いましたが、「東京まで一人で英語セミナーに行く」なんて言い出すと日々気ままな英語学習そのものを全否定されてしまう恐れが無きにしも非ずなのでおとなしくしていました。(笑)ですからこうしてセミナーのエッセンスを伝えていただけるのはとてもうれしいです。

音読は私もやっていました(今もやっています)が、やり方が甘かったようですね。以前はテキストに「正」の字を書いて20回音読していました。どうも「正」の字を4つ作るのが目的みたいになってそのうち中断。

Jet Bullさんのブログで「音読ハイ」の記事を拝見してもう一度チャレンジ、でも長時間やる根性がなくタイマーで15分測ってやっています。

私には「回数」カウントより「時間」制限の方がいいような気がしますが、どちらにしても踏み込み方が超甘いようで、音読の扉をノックした程度みたいですね。

何か一つ英文を絞って「自在」にまで持っていけるような音読に挑戦してみようと意欲が湧いてきました。

ありがとうございました。
Posted by aki-kiyo at 2018年12月17日 09:23
aki-kiyoさん

参考になってなによりです。私も普段休みが取れない中、せっかくの休みを利用して参加したわけですが、ヨメからすれば、旦那は休みの日に一日パチンコ打ってる、感覚です(笑)

ちなみに帰宅の時に、帰るLINE入れたら、鍋やる「白菜買うて来い」という指令がありました。

帰宅したら、白菜以外の材料はすべて準備できており、鍋も沸騰しておりまして、急いで白菜切って食卓に献上申し上げた次第です(爆)

今回のセミナー、私にとっては収穫でした。人の音読とシャドーイングを見ることができて、「みな似たりよったりやな」(上から目線ではないです)と不安が消えました。

これから音読がんばろうと思いました。

Posted by NOBU at 2018年12月18日 19:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: