2018年03月18日

音読・シャドーイングに関する「私の履歴書」

音読の必要性を感じるようになったのは、英検1級2次試験対策として、1人でスピーキング練習をするにはどうすればいいか、悩んでたどり着いたのがきっかけである。

2015年の秋の試験で1次試験、2次試験通ったんだけど、過去問の模範解答を音読するところから声を出して読むということをはじめた。それまで暗唱(というか暗記)をやってたりしたけど、それはあんまり声を出して読むというところまでいかず、ちょっとつぶやく程度だった(ちょっと恥ずかしかった)。

例えば2015年夏は本格的にアウトプットの勉強を開始した時期で、この時、英検試験を材料に暗唱をはじめた。

「暗唱」プロジェクトを開始(2015年07月06日)


これでもわかるように音読はメインではなく、暗唱(暗記)が中心だった。多少の音読を始めていたけど、このころは小さな声での音読だった。

基礎固めを意識して、音読をしようと思ったのは、以下の本がきっかけである。



その材料として、高校1年生の教科書を選んだ。

高校1年生の教科書をやることにした(2016年02月04日)

本格的に音読をはじめて、こんなエントリーも書いている。

音読のコツがわかった!(2016年02月13日)

このころから音読の効果を実際に感じ、積極的に「声を出す」ということをはじめた。2016年4月からロンドン駐在になったけど、やっぱり基礎固めとして高校教科書の音読は続けていた。

スピーキング基礎力をあげるには(2016年07月21日)

このころから、音読の効果というものがわかるようになってきている。

一方で暗唱をしていたんだけど、どうもそれが暗記に陥っていることに気がついた。

え!?暗唱と暗記は違うの?(2016年12月21日)

また音読という勉強は、単調かつ続けていると、こんなんでいいんだろうかという気持ちにもなる。問題集を解くわけでもないので、自分の進歩がわかりにくい。でもAngelさんから音読のコツを教えてもらい、さらに音読の重要性を感じるようになった。

音読のコツをいただきました。(2017年02月10日)
(ちなみにAngelさんのブログは音読生活 by Angelに移動している)

音読はかなり力のいる勉強だ。そのため音読を続けるにはかなりの労力がいる。そのため、音読が続かないことも多かった。

音読が続かない理由(2017年02月12日)

その後、音読を朗唱にもっていくべく、いろいろ工夫するようになった。

暗唱プロジェクト(朗唱のまねごとw)(2017年03月20日)

2017年10月から音読材料を進級させた。

高校教科書進級(笑)(2017年10月08日)

つまり2016年2月から2017年9月まで、1年生高校教科書を1年半繰り返していたことになる。この間、途中で休んでいたり、暗唱のつもりが暗記だったり、シャドーイングのつもりが実際には多少なぞっている程度であったりと、いろいろ試行錯誤した。

現在では、暗唱に行けるまでは、まず音読とシャドーイングを中心にやっている。

シャドーイング・音読が少し進んでいる(2017年12月06日)


結局、私が感じる音読効果としては

@英語を英語として理解できるようになった
A英語感覚が身に着く(他の英文で自然・不自然がわかる)
B単語、熟語が覚えられる
C発音気にすればスピーキングにも効果
D英作文のストックがたまる

というところだ。

さらにこの材料をシャドーイングすると、さらに

Eリスニング力のアップ
F物まねでさらにスピーキング力向上に

つながる感じがしている。










posted by NOBU at 20:28| Comment(0) | スピーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: