2018年02月13日

IELTS公式問題12を3周した結果・・

今年1月から始めたIELTSの公式問題集を3周した。



ただ復習も何もせずに毎日淡々とやってきた。

ペースとしては

L:1〜2パート(10分程度)
R:1パッセージ(20分程度)
W:アンサー作成・修正(一日数語から200語とか20分程度)
S:1月20日からDMM英会話で(準備含めて40分程度)

という感じで、一日1時間から1時間半をIELTS対策につぎ込んできた。(それ以外は、高校教科書やデータベース4500をやっている。)

例えば、ライティングとスピーキングの準備作業はこんな感じ
1802IELTS12 SW勉強ノート.jpg

さて、ライティングとスピーキングはおいといて、リスニングとライティングで出来はどうだったかというと、グラフにしてみるとこうなった。
1802IELTS 12.jpg

リスニングは、回数を重ねて聞いていくと、聞き逃していたものが聞こえたり、クリアでなかったものが聞こえたりするので、点数はあがっていく。

一方、リーディングは、TEST 5は下がってきているし、リスニングと違って回数を重ねたからといって正答率があがるわけではない。

とくにTEST 8は非常に正答率が低い。

全体の分析から、こういうふうに考えている。

この3回でも間違い続いているところは、@解き方(出題者の意図)がわかっていない、A問題文を理解していない、ことが考えられる。

そこで、各問を細かく分析して、一回間違えたものは緑、二回間違えたものは黄色、三回間違えたものは橙にで問題を塗りつぶした(信号の色をイメージ)。
IMG-2440.JPG

4回目はこの色に注意して解いていこうと思う。リスニングは繰り返し聞いて、リーディングは精読して、根拠を把握し、そのパラフレーズとしてこうなっているのか、と一問一問論理的に解答していく。そもそもこの公式問題集は解説がないので、じっくり解答プロセスを考える訓練になりそうだ。









posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。