2017年10月05日

次の語彙プロジェクトをどうするか?

英英辞書による能動語彙力の向上プロジェクトが終了して、次の語彙力強化をどうしようか迷っている。

基本的に私としては以下の考えを持っている。

能動語彙【書く話すでよく使うもの】

Longmanの英英辞書とか、NGSLとかのコーパスから導かれるもっとも使用頻度の高い語彙の上位3000語程度がそのコアとなる。一般に、使用頻度の高い3000語を覚えるだけで、9割の理解が可能と言われている。

中学高校教科書のレベルがまさにこれで一般的に中学1200語、高校1800語、合計3000語の習得が推奨されている(ただし教科書によって使われている語彙に差はあるし、上位3000語でもない固有名詞等も含まれての数字)。

つまり3000語を覚えて、その基本語をその3000語を用いて自分で説明できるなら、言えない単語であっても遠回しに表現できることは可能だし、知らない単語に出会ったとしても、英英辞書で確実に理解が可能となる。

昨年終わりごろから始めた語彙プロジェクトはまさにこれを意識していた。(ただ上記がすべてできるようになったとはいっていないwww)


認識語彙【読む聞くでよく使うもの】

次は、自分で使うことはあまりないけど読んだり聞いたりして理解できる語彙というのがある。一般的に認識語彙といわれている。

英検2級から英検準1級が3000語あたりから7000語あたりを照準にしているようなので、社会的な出来事もこれらの語彙で説明してくれればよくわかるといったものになる。

ただ生英語になると、これだけでは足りない。英検1級が1万語から13000語ぐらいだと言われるが、これぐらいを持っていれば、95%は理解できることが期待できる。

3000語が分かれば90%の英語はわかるけど、13000語ぐらいまでボキャブラに励んでもおそらく95−97%ぐらいまでしか伸びない(コーパスデータを持っているわけではないので、うまく表せないけど、原点を通って、y軸100(%)でいつかは混じるような対数曲線のイメージ)。

とはいえ、英語で映画やドラマが見たい、本を読みたい、ネットで情報を採りたい等の活動を必要とするのであれば、間違いなく認識語彙の数を増やせば増やすほど楽になるのは間違いない。

上記の能動語彙と認識語彙にはもちろん相関関係があって、認識語彙が増えれば増えるほど能動語彙も増えるのが一般的だ。


テーマ別【環境、犯罪、化学などその分野で使われる用語】

認識語彙と重なるけど、テーマ別の語彙というのがある。TOEICで使われるような単語などはビジネス系に偏っているし、仕事が環境系の英語学習者は普通の英語学習よりも環境系の語彙になじみが深いだろう。

時事英語と言い換えてもいいかもしれない。その時々に発生する社会ネタを説明するのによく使われる言葉というものがある。自然環境だったらGlobal warmingとextinctionは欠かせないだろう。これらは認識語彙と重なるけど、自分の使う分野の語彙は大目に持っておくと、自分の仕事を説明するのに役立つかもしれない。



さて、本屋で立ち読みして、次のボキャビル候補は次の三冊。

データベース 4500 完成英単語・熟語 [5th Edition]


高校までに習う単語+といった位置づけ
テーマ別になっているのが、使いやすそうと思ったのと、例文と音声が豊富だと感じたので、例文で使い方が確認できる。


IELTS必須英単語4400


IELTS教材が増えた中で一番新しい単語集。難易度順がとても気に入ったのと、ILETSに特化しているということから、試験対策にもなって、(ケンブリッジ、ブリティッシュカウンシルなどが考える)普段使う英単語を習得できるかもという期待が持てる。

あとはメジャーに
究極の英単語SVL〈Vol.2〉中級の3000語


言わずも知れたアルクのコーパスから生み出された単語集。重要度順に並んだ12000単語のうち本書は3000語から6000語まで集められている。重要度なので、上記みたいに大学受験問題とかIELTS問題とかに特化していないところがある種メリットである。

この3と4(全部で6000から12000語レベル)は持っていて、完璧じゃないけど昨年一時期ずっと繰り返していたことがある。

ボキャブラをしつつ、4技能を磨いていく必要があるので、もうちょっと考えてみようと思う。

それまでは、やはりロングマンのリストを眺めながら、苦手なものを潰していこう。
posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | ボキャビル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: