2017年02月18日

1日30分のOutput技能の練習法

いよいよ明日は英検2次試験だ。

前回英検より今回まで、テーマはOutput2技能の強化だった。

DMM英会話のニュース記事を使ったフリーライティングも120本超えたので約4カ月間続いている(前のエントリ「DMM英会話のディリーニュース」、その効果については「Free Writing プロジェクト」)。

ツイキャスでDMM英会話ニュースの1人レッスンを毎日やりはじめてはや3カ月が来ようとしている(前のエントリ「ツイキャスへ本格参入」)。

この二つが最近いい形での私の英語勉強の柱になってきている。社会的ネタについて自分の意見を書いたことがある、言ったことがある、という状態にして英検にのぞみたい。

意外に続いている理由は

1)時間が短いので無理なく続けられる
ツイキャスは1日15分、フリーライティングも10分から15分程度、合計で1日30分程度で、社会的話題に関して、スピーキングとライティングの練習が続けられている。ライティングを仕事前に10分、スピーキングを夕食後あるいは就寝前に15分やることによって、いいペースメーカーになっている。

2)社会的話題に関して自分の意見を持つことができる
英検1級のOutput技能には、「社会性の高い幅広い話題についてやりとりすること(S)、まとまりのある文章を書くこと(W)ができる」が求められている。その点ニュース題材はとてもよい。しかもDMM英会話のディリーニュースはVOA(Voice of America)から作られているので、英文も平易で、真似ることも可能だ。

3)技能の伸びを感じている
ここが一番重要だが、まず社会的なことに関心がなく意見がなくても、とりあえず話しながら、書きながら考えるということができるようになった。つまり話しながら、書きながら自分の意見を形成していくことができる。それに加えて、論理的には弱くても、何かしら話せるようになったし、何かしら書けるようになった。これは英語Output技能として大進歩だと思っている。


正直、ロンドンで、料理の話題みたいな不慣れなテーマ、日常的な動作や風景を描写しなければならないときは、一苦労しているが、社会的なものについてはさくっと自分の意見を挟むことができるようになってきた。

今回は、英検2次の対策をまったくしていない。この二本の柱で大丈夫だ、という判断からだ。これが凶と出るか吉とでるか、当日のトピック次第である。(こればかりはどうしようもないw)
posted by NOBU at 12:00| Comment(0) | スピーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: