2017年03月28日

海外赴任・留学をひかえた場合に適した英語試験

さて、いよいよ明日帰国する。

これから海外にいく人のために、海外赴任や留学を控えてどのような勉強をすればよいか、特にどのような試験を利用して、勉強を進めればいいか、参考までに書いておこう。

英語試験はいろいろあるけど、正直、海外行って英語しゃべれるようになりたい、というのなら

TOEIC Speakingテスト

を強く勧めたい。これは留学、あるいは海外赴任に行く前にぜひ取り組んでおいた方がいい。

この試験は生活や仕事場で必要となるであろう会話を意識して作られているので、即効性が高い。TOEICの写真描写、応答問題などはほんとに反射的に英語をしゃべるように訓練される。また身近な話題だからなおいい。

ロンドンに来て困るのは日常的な場面でさっと反応するときだ。

私がFlat(マンション)の管理人マイケルさんと会話に困るのは日常会話のリスポンス能力がないため。職場やレストランでの会話なんて、まさにちょっとした場面での瞬間的な応答。「洗濯もの外に干したい」、「ごみは木曜日?」、「このおかしみんなで分けて」、とか日常の場面を英語でいう訓練をしていれば海外でなんとかなる。そのためにもTOEIC Speakingテストはオススメだ。

その点、英検1級はまったく役に立たない。日常の言語というよりも少々知識人っぽい、いわゆるインテリっぽいことしゃべりたい人にはいいけど、英検1級の面接試験は日常会話を要求していない。

私は英検1級ばかりやってロンドンに赴任した。多少の教養が必要なので仕事面では役には立ったが、日常会話が難しいということに気づいた。実際に英検1級でもリスニングパートのPart1(日常会話)は苦手である。

また時間があるなら、赴任前に映画やドラマも見ながら、日常的な場面でこういうのかというものをストックしておくのもいいだろう。

これらをやらなかったために、この一年間は簡単なことがいえないというジレンマに陥ったので、これから海外に出る機会のある人は、日常会話を大切に勉強してきたほうが生活は楽しめると思う。

posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: