2016年09月23日

英作文―過去問からの傾向分析

英検英作文問題の特徴は、見方が二つに分かれやすいものを選んでいる。例えば、自由貿易いいと思う?悪いと思う?、世界は平和になる?ならない?といった感じだ。

さて、それでは過去問からどのようなトピックが選ばれているだろうか。ここ7年ほどの出題トピックから整理してみた。

出題トピック
1609英作文トピック.jpg
(出所)2005年度第1回から2016年度第1回の合計34題から整理。(手元になかった過去問はVOZEさんよりいただいた。)また、Hiroshiさんのブログでも過去の問題が紹介されている(ここ)。
(注1)2016年第1回海外会場(ロンドン)で受けた問題

この過去問の傾向を分析すると以下の通り。

(1)大きく分類すると、国際、社会、科学の3分野から出題されている。とくに国際系と社会系が主流。

(2)国際系はそれぞれが議論で取り上げられるメジャーなトピックに対して、社会系はメジャーな問題(動物権利や高齢化など)、犯罪系が多いが、時々価値観を問うもの(回答者に意見を問うもの)や時事的な単発系もある。

(3)2011年第2回(現代社会では仕事に価値を置きすぎか?)以降、社会系の価値観を問うものは出ていない。これは時間制約の中で書きにくいテーマだからではないだろうか。英語の試験なので、書きにくいトピックは内容に差が出やすいように思う。


私は、犯罪系と科学系が弱いので、表現、語彙は当然のことネタも仕込んで練習しておく必要があると思っている。

これらの対策するための参考に、英検1級英作文問題の別冊はオススメ。ネタ、表現、語彙が手に入るスグレものだと思う。
posted by NOBU at 20:00| Comment(0) | ライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: