2016年08月28日

ネイティブから学ぶべきか?

ちょっと考えることがあったので。

DMM英会話ネイティブプラン、いいのかなぁ。ロンドンにいてもネイティブじゃない人はわんさかいるので、こだわりはなかった。学ぶなら教え方がうまいかどうかであって、ネイティブにこだわるかどうかは二の次だった。

ヨメが近所の英会話学校に通っているけど、ノン・ネイティブの先生はいるらしい。結局、英語教授法の資格を持っているかどうかなんだろうなと思う。(ただ白人しかいないと聞いたので、それはちょっと不自然だけど。)

そういえば、DMM英会話でもロンドンで英語教えていたというボスニア・ヘルツェゴビナの先生はきれいなブリティッシュ・イングリッシュだったし、今でもたまに先生の授業をとっている。

しかし、ネイティブの定義も難しい。DMMでは「「英語を第一言語とする国」の国籍保有者または出身者をネイティブ講師」と定義している。ロンドンでは、小学校入学前にロンドンにきたという人はネイティブと言ってもいいだろうし、それ以外でも英語の上手な人は多い。

この記事によれば、70億の世界人口のうち、25%の約17.5億人が英語人口であり、英語ネイティブは約3.9億人しかいない。

またネイティブでもイギリス英語とアメリカ英語は違うわけで、ロンドンでは結構アメリカ英語が浸透しているけど、いわゆるイングランド・ネイティブの人は発音から言い回しからすべてイギリス独特の英語を話そうとしている。まるで大阪人が東京で関西弁を話し続けるように。。。

ネイティブの中でもイギリス英語を学ぶ方がいいのか、アメリカ英語を学ぶ方がいいのか、という問題にもつながる。

結局、なんとなく思うのだが、自分より英語の上手い人から英語を学べ、ということかもしれない。ある程度うまくなってくれば、ネイティブに学べば英語圏で話される英語を身につけることができるだろう。でも英語を共通語として使うのであれば、ネイティブに学ぶ必要はないようにも思う。

またどのネイティブの英語を学ぶかだけど、住んだところの英語を学ぶしかない。身も蓋もないけど、イギリスに住んでいる以上、イギリス英語の単語を覚えないとコミュニケーションに困る。

言葉は生き物だし、コミュニケーション手段でしかないので、「どの英語」にこだわる必要はなく少しでも身の回りにある教材の英語表現を覚えた方がよい(笑)
posted by のぶさん at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: