2016年06月09日

2015-3、2015-2

英検受験も5回目を迎えるようになると、過去問を5回以上やった回が増えてくる。

そこで今回の受験対策では5回以下のものに注力していこうと思い、直近4回分をしっかりやることにした。

その結果と復習の備忘録。

2015年度第3回。

大問1(語彙) 17/25
大問2(空所補充)4/6
大問3(内容一致)14/20 
リスニング 28/34 
合計 63/85(正答率74.1%)

受験後復習していたけど、いかに身についていないかをしみじみ感じた回。

語彙

(7) Terry botched his attempt to repair the leaky faucet in his bathroom
失敗する
(15)The inspectors were shocked by the atrocious conditions in the prison
恐ろしい
quarrelsome けんか好きな
(20)Countries --- have asked the United Nations to convene a special meeting to --.
招集する
(21)The fact that --- is proof of the fickle nature of voters.
気まぐれな

熟語は全滅
(22)the bartender had to call the police to help him boot out the troublemakers.
追い出す
(23)it would have been much shorter if Barbara hadn't kept chiming in with
those unrelated comments and silly questions.
chiming in withで「割り込む」
(24)they were able to dispense with self-introductions and start talking about business immediately.
なしで済ませる
(25)the political had managed to put across an image as an honest public servant
うまく伝える

空所補充

(26) "However, objections had quickly been raised against this theory. For instance, it ran into trouble regarding a phenomenon known as parallax.
前の文章を受けて、例示に入るということ。
was a representation(画像、表現) of という自分でも意味があいまいな単語が使われている選択肢を選んでしまった。

内容一致
集中できなかった

リスニング

Part1
No.6
"How about I work up a budget for some outside help?"
Q. How does the woman suggest that they solve the problem?
A. By hiring people from outside company
全体的に「中で仕事ができないから、それなら人を呼ぼう」という会話。本文ではあいまいな表現になっている。

Part2
No.13
"Professional white-collar jobs opened up in the 1950s as the U.K. economy expanded, and some of those jobs are filled by people from working-class backgrounds."
Q. What was the reason for the U.K's increase in social mobility?
A. Growth in white-collar employment opportunities.
本文は聞き取れていたが、どうも個人的に「もやっとした」(はっきりしない)理由だったので、正解選択肢を選びにくかった。(なんかもっとはっきりした理由を言っていたんじゃないかと疑心暗鬼に陥った。こういう気持ちは試験で大敵。)

No.19
"Thiel sayss executives are usually trained by business schools to buy into conservertive ideas, many of which are no longer relevant in today's ever-changing world."
Q. What does Peter Thiel believe about most executives?
A. They often believe in ideas that are outdated.

No.20
"Thiel's ctitics argue that choosing too narrow a market could also lead to failure as the company will not be able to continue to grow"
Q. What potential problem do Thiel's critics point out?
A. Too much specialization can be dangerous.

Part3

No.24
Condition
Hire an assistant with strong computer skills and experience handling confidential documents

"Rebecca Adams' background is in website design and management:--- I confirmed they've all dealt with sensitive information, but both Sarah and Nicolai have less experience in that arena"

Q. What should you ask Lisa do?
A. Invite Rebecca Adams for an interview.


2015年度第2回。

大問1(語彙) 23/25
大問2(空所補充)4/6
大問3(内容一致)20/20 
リスニング 33/34 
合計 80/85(正答率94.1%)

語彙
(22)one painting leaped out at him.
目に留まった
(25)The job candidate sailed through the first interview.
容易に成功する

空所補充

No.27 land-use reguralations also have the effect of limiting social mobility. O'Toole believes that increasing land-use regulation has caused a shift in U.S. migration patterns.
後半の文が言い換えになっている

No.31 Such individuals, however, would have had little chance of survival. People who lived through the famine, therefore, would be highly to possess the LP allele because ---

リスニング

Part1
No.3
"If it really worked, it would be selling well in regular stores./ My father bought something like that once, but he could never get it to work./ Only the promotion methods!"
Q. What do we learn from this conversation?
A. The man is doubtful of the advertisement's claims.
全体の男性の発言から判断しないといけない。

以上、復習。


今回、ロンドンで英検を受験するわけだが、これまで本当にいろいろあった。もちろんロンドンに赴任したというのが学習環境の大きな変化だったけど、それにともなって家族への負担が大きくなり、そのフォローにかなりの時間と労力が取られた。


一番大きいのは、子どもの就学問題。私には小6の特別支援教室に通う子供がいる。本来、1年の赴任なのでロンドンにある日本人学校に受け入れてもらおうと考えていた。赴任前に学校に問い合わせしたら、特別支援が必要な子は受け入れていないという。このため、赴任してから、現地校への編入手続きにかなりの労力と時間を割いた。でも良かった点は、仕事以外でも英語を使う機会がたくさんもてたこと。イギリスのお役所はかなりの官僚主義的組織ですべてが「書類」で決まる。そのためかなりの英訳と書類作成をした。この意味では英作文とお役所との交渉で英語を使うという点では、かなりよかったと思う。


ふたつ目は、ヨメと子供に大きな環境変化の負担をかけたこと。子どもは障害を持ちながらも、新しい生活になじんできたが、やはりヨメにとってはまったく知らない言葉、習慣、文化をもつ国への定着はきつかったようだ。日本で当たり前に手に入るものが簡単に手に入らない、買い物で現地の人に話しかけられることは不安、そして高い物価の中でのやりくり、もっと問題だったのは家に子供が毎日いること。ヨメから問題を指摘されるたびに、男の私は解決策を提案し実行していたけど、これがかなりのプレッシャーを与えてしまった。問題を指摘してきたときに、共感して話を聞くことができていなかった。私も環境変化によって心の余裕ができていなかったんだと思う。


三つめは、英語に関連するものだ(笑)これまで、試験勉強という意味合いの強い勉強をしてきたけど、こっちにきて普段から使う機会が増えると、リスニングとスピーキング能力の向上が一層急務になる。そのため、普段の勉強は、高校教科書の音読、暗唱、シャドーイング、そして語彙力の向上にかなりの時間を割いた。一般社会的な言い方をすれば、試験のための勉強から、使える英語の勉強へ、だ(でも私は試験のための勉強は英語が使えることにつながっていることを強調したい)。何がいいたいかというと、その分、英検1級受験モードになるのが遅かった。もちろん5回目ということもあるけど。。。

以上に加えて、試験本番はロンドンで受験する。この変化は点数にどのような影響を与えるか。形式もかわり、受験環境も変わり、合格の決まり方も変わる。

でも精神集中して、目標であるCSEスコア3000取りたい。
posted by NOBU at 14:42| Comment(0) | 過去問/模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: