2018年06月30日

IELTSの勉強へ

英作本、DUOの復習が終わり、6月からIELTS試験体制に入っている。

でも、振り返ってみると教材とやり方に迷いがあって、あまり進んでいない。


<リーディング>

リーディングは英検の方が文章レベルが高いので、高地トレーニングの意味で、英検の過去問をやり始めた(空所補充と内容一致問題のみ)。久しぶりに解いたら、かなり単語を忘れている(あいまになっている)こともあって、かなりしんどい。復習もかなり時間がかかったが、なんとか最新の過去問のみ終了した。

<リスニング>

リスニング対策は、IELTS12のスクリプトの音読と脳内シャドーイングを続けている。

<ライティング>

ライティングは、IELTS Mentorというホームページを活用している。ここには、Writing課題のサンプルアンサーが豊富なので、IELTS完全対策&トリプル模試IELTSスピーキング・ライティング完全攻略を使って、作成した自分の英作ノートに、付け足す形で、分野別に作文をしている。

今回の特徴は、サンプルアンサーをGoogle翻訳で日本語に落としてからそれを英文にしているという点だ。

このメリットは、@自分の意見を準備しなくていいので作文に取り掛かるハードルが下がること、Aサンプルアンサーと比較しながら添削しやすい、という点だ。シンプルに作文表現の増加に貢献するのではと思っている。

<スピーキング>


スピーキングは、新たな試みである。これまで重なりのない20テーマほどを用意して、自分でスピーキングする、あるいはDMM英会話を活用してきた。とにかく幅広いトピックで、話したことがない、考えたことがないテーマを潰しておこうと思ったからだ。

これはこれでよかったのだが、一部のトピックで、完璧に、つまりIELTSバンド8.5以上をとれるようなスピーキングを用意するまでにはいたっていない。幅広いトピックを練習することは試験への不安をなくし、何となくまんべんなくこたえられるかもしれない。でもこれだと高いレベルでのスピーキングは無理だ。

それに、振り返ってみると、過去問やら公式問題集をやるときに、Rは精読を繰り返し知らない単語を覚え、Lはディクテーションやシャドーイングを何度もし、Wはサンプルアンサーを暗唱するなど、一問一問大事に仕上げていたけど、Sはそこまでやっていないことに気がついた。

そこで、今回の勉強では、Sについても公式問題集(IELTS12)の問題で、満点が狙えるようなスクリプト作成して、スピーキング練習をして「仕上げ」てみよう、と思った。

満点が狙えるようなスクリプトをいきなり書くということは難しい。

そこで、IELTS Speaking Test Questions & Answersというブログを利用することにした。ここでは、過去問のさまざまなサンプルアンサーが紹介されている。IELTS12も二つ分だけサンプルアンサーがついている。

そのサンプルアンサーを参考に自分の言葉を入れつつ、自分らしい回答を作っている。

ただ、問題がふたつ

@回答作るのに時間がかかること

A自分でスピーキングするとなると、内容と違うものになったり、用意した回答が気に入らなくなったりして、書き直ししたりする

つまり「しゃべる」練習よりも「書く」練習の時間の方が圧倒的に多いのだ。

スピーキングの準備だけ、いまだに試行錯誤である。



posted by NOBU at 11:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

DUOの復習



大矢英作本竹岡ドラゴンと、和文英訳と基本例文の暗唱を進めてきて、久しぶりにDUO 3.0をすることにした。

これまで、数百回と聞いてきたDUOだけど、きちんと和文英訳をしてきたわけではなかったので、英作文勉強として再度やってみようと思った。さすがに英文数が多いので、書くことはせず、頭の中で日本語から英語にできるように練習した。

最初はあまりにも覚えていないということに落ち込んだ。あれだけ、読んだり、聞いたり、書いたりしてきたのに、和文から再生するとなるとかなりできなくなっているのだ。

往復の電車の中で集中して取り組んだ結果、3周目にはかなり再現できるようになった。

やっぱりDUOはいい例文が多い。

先週、1週間アメリカ出張いった。毎朝DUOをシャドーイングしていってたけど、熟語等はかなり頻繁に使われることを実感した。単語を覚えるのもさることながら、DUOの良さは、文章で頻出熟語を覚えられるという点かもしれない。
posted by NOBU at 10:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする