2018年05月08日

高校教科書和文英訳終了




和文英訳の勉強が面白くなって、思わず勢いで4月10日ぐらいから高校教科書の和文英訳を始めた。

和文については信頼性はさておいてもネットにいろいろころがっているので、適当に利用させてもらった。

この作文で気がついたことは(前と被るけど)

@時制があいまい
和文を読んでいて、現在形だと思っていても完了形だったりするし、いくらなんども音読していても、has、haveを意識しきれていないことがよくわかった。

A冠詞
これも当然課題の一つ。英作文の勉強でいつも冠詞を自信もって使えているというところにはいかない。いくらか間違えたものは辞書で可算か不可算は確認したりするんだけど、両方のケースも多く、消化不良のまま。

B時を示す用語
at timesとかeventuallyとか便利な用語が意外に自分の言葉になっていないことがよくわかった。


今後高校教科書はまた音読材料として、常に使っていく予定。

wabuneiyaku.jpg
posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

Twitterでもよく見ていて、ロンドンにいるときから気になっていた竹岡英作文本をやったので、その感想なぞ。




まずどのように使ったかを紹介しておく。

最初は普通に通読を繰り返していて、3回ほど通読が終わったあと、日本文だけをみて、英文を(頭の中で)再生するということをやった。

一方で、通勤電車での勉強が主流なので、座れないしめちゃ混んでいるというときは、付属音声を聞いて、脳内でリピートをずっとしていた(実際にはこちらの方がかなり回数が多い)。

本も7周ぐらいするとほぼ覚えた自信があったので、実際に日本文から英文にする作文をやった。


Dragon.jpg_large


本書は英文が100しかないのでかなり手っ取り早く基本英文を身につけるにはよい。大矢英作本とは文法面では非常に重なる部分があるので、復習しさらに練習をするにはちょうどよいレベルだった。

勉強になったのは(大矢本の時からだけど)

〜人は多い(少ない)

という表現は More(less) people doという形で示すのがセオリーだということ。

例:パソコンを持ってる人は多い
A lot of people have personal computers.

次に、〜するのが普通だというのは、どうしても日本語では、S is commonとしてしがいがちだが、S + usually +Vという形にすること。

例:日本人は、自分の気持ちを間接的に示すのが普通だ
Japanese people usually express their feelings indirectly.

最後に、漢字二文字で難しいものを簡単に示す方法が役立った。

具体的には

大学の優劣
Whether a college is good or bad

図書館の質や規模
How many books its library has and how good they are

などである。


和文英訳も楽しくなったので、もう少し続けようと思う。
posted by NOBU at 18:36| Comment(0) | ライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。