2017年04月15日

英英辞書の通読

最近,時間をみつけて取り組み始めたのが英英辞書の通読だ。

これまでNGSLの約3000語を英英辞書で意味確認する作業を終了させたので(能動語彙強化プロジェクト),次に進もうと思っていた。

日本に帰国して本棚を見てみると,むか〜し買って積ん読されていたロングマン現代英英辞典が見つかった。



生意気にも「Advanced Learners」用を買ってあった(どんだけ自分の実力を過剰評価してたんだ笑)。

中身をみてみるとこのロングマンの英英辞典意外にいい。(というかこれを買った自分をほめてやりたい笑)

こんな感じ。

IMG_1335.JPG


発音記号がIPAを採用しており,British Englishの発音も載っている。語彙のそばにはS1とかW1とかでスピーキング,ライティングにおける重要語彙1000,2000,3000がわかるようになっている。また書き言葉か話し言葉かがわかるグラフ,Academicな語彙なのか(AC),コロケーションやグラマー,ありとあらゆる情報が詰め込まれている。4-5色刷りなので見栄えもよい。

さっそく裁断機でばらばらにして,NGSLの単語にマークをつけて,通勤時間に読み始めた。ちなみに当たり前だけどロングマン英英辞典の重要語彙とNGSLのリストはかなり重複していることがわかったので,安心して読み進めている。

しかし,重要語彙であるため,意味,情報量,例文が多いので意外に進まない。1日数単語から十数単語読めるかどうかという感じだ。電車で油断していると字面を追うだけで意味が入ってこなかったり,眠くなったりするので,ある種の苦行になっている(笑

でも,3000語はほぼ知っている単語なので,能動語彙への語彙感覚(語感)を養うという意図で進めていきたい。

IMG_1334.JPG
posted by NOBU at 09:00| Comment(0) | ボキャビル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする