2017年04月25日

ICレコーダーと暗唱

Junさんのブログで以前、リスニングにはICレコーダーがいいと言っていて(ここ)、ずっと気になっていた。


ようやく購入した。



まだ使いこなしているというわけではないけど、今は相変わらず高校教科書の音源を入れてずっと聞いている。

仕事が忙しくてなかなか家で音読とかシャドーイングができず、電車の中で聞いているだけだったけど、いろいろ触っていていい使い方を発見した。

ICレコーダーで暗唱の練習が電車の中でできるという方法だ。

なんのことはない、一段落ずつA-B間繰り返しの機能を使って、集中的に同じ段落を繰り返して聞くというものだ。1時間ぐらい15秒程度のものをずっと繰り返して聞くと、耳で覚えてしまうので、音を止めても、頭の中で自動的に暗唱できてしまうのだ。

自宅に帰って、お風呂の中で試しにアウトプットしてみると、今まで以上にスラスラ暗唱できる。イメージとしては音が頭の中で流れつつ、口について自動的に話せる感じだ。

これはとてもいい。ようやく口が勝手に動くという感覚を味わうことができた。
(参照:え!?暗唱と暗記は違うの?

これから、段落ごとに集中的に大量に繰り返して聞きながら暗唱していってみようと思う。


その他、ICレコーダーを使ってみてよかった点をあげてみたい。

1)スピード変更

冠詞や接続詞のthatなど埋もれがちな音も、スピードを変えて何回も確認できる。

2)スタート・ストップ

iPhoneのような画面タッチではなく機械ボタンなのでスタートストップの感覚がぴったり合う。細かいことだけどiPhoneだとストップを押してもちょっとずれたりする。

3)録音機能

まだつかっていないけど、高校教科書の暗唱がさらにすすめば発音にまで気を使ってみたいと思っていて、そのうち録音して原音と比較ができるのではと思っている。

いずれにせよ、iPhoneアプリで以上のようなことはなんでもできるけど、ちょっとした操作性ではボイスレコーダーが上だ。やっぱり「餅は餅屋」とはよく言ったもんだ。
posted by NOBU at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

ダウントン・アビー

ロンドンにいる頃から、日本人の知り合いから薦められていたイギリスのドラマ、ダウントン・アビー。

話も面白いし、イギリスの歴史も分かるし、英語の勉強にもなるのでオススメと聞いていた。

ロンドンで契約していたNetflixにはダウントン・アビーは入っていなかったので、すっかりドラマの存在を忘れていた。

帰国して1週間ほどしかたってなくても、イギリスが懐かしくてNetflixでドラマをブラウズしていたら、その中にダウントン・アビーが入っていることを発見。

(ちなみにNetflixを契約していると世界どこ行っても基本的にその国で認められているものが見られるようだ。イギリスのNetflixと契約したと思っていたけど、帰国してNetflixを開いてみると、自動的に日本のコンテンツになっていた。)

英語の復習になるかなという気持ちでダウントン・アビーを見始めた。ただ設定をどういじっても英語字幕がない。日本語字幕しかないので、しょうがないなぁと思ったけど、一話を見終わる頃にはすでにドラマにのめりこんでしまった。

こうなると英語どころではない(笑 

ついつい見続けてしまって、2週間弱で4シーズン10話前後、合計40時間ぐらいみたことになる。

英語のブログとはあまり関係ないけど、ダウントン・アビーの良さを紹介したい。

1)上流,中流の人間関係が面白い

イメージとしてはNHK朝ドラを拡大している感じ。上流階級の人々、それ以外の階級の人々、それぞれの人間関係でいろんな事件が起きて、関係がぎくしゃくしたり、良くなったりする。とにかく話のテンポ展開が早いので、飽きることがない。

2)上流階級がわかる

ロンドンで国会議事堂見学した時に貴族院の話をいろいろ聞いて、終身(世襲)貴族の議員がいることを知った。そのような人たちがどのような暮らしをしていたのか、このドラマでよくわかった。

3)アクセントの勉強

最後に,英語ブログなので,それに関連して。

上流階級のアクセント(Posh Accent)、労働者階級のアクセント(Cockney Accent)の違いがよくわかる。登場人物の背景をアクセントの違いで示唆しているので、それも面白い。



posted by NOBU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

英英辞書の通読

最近,時間をみつけて取り組み始めたのが英英辞書の通読だ。

これまでNGSLの約3000語を英英辞書で意味確認する作業を終了させたので(能動語彙強化プロジェクト),次に進もうと思っていた。

日本に帰国して本棚を見てみると,むか〜し買って積ん読されていたロングマン現代英英辞典が見つかった。



生意気にも「Advanced Learners」用を買ってあった(どんだけ自分の実力を過剰評価してたんだ笑)。

中身をみてみるとこのロングマンの英英辞典意外にいい。(というかこれを買った自分をほめてやりたい笑)

こんな感じ。

IMG_1335.JPG


発音記号がIPAを採用しており,British Englishの発音も載っている。語彙のそばにはS1とかW1とかでスピーキング,ライティングにおける重要語彙1000,2000,3000がわかるようになっている。また書き言葉か話し言葉かがわかるグラフ,Academicな語彙なのか(AC),コロケーションやグラマー,ありとあらゆる情報が詰め込まれている。4-5色刷りなので見栄えもよい。

さっそく裁断機でばらばらにして,NGSLの単語にマークをつけて,通勤時間に読み始めた。ちなみに当たり前だけどロングマン英英辞典の重要語彙とNGSLのリストはかなり重複していることがわかったので,安心して読み進めている。

しかし,重要語彙であるため,意味,情報量,例文が多いので意外に進まない。1日数単語から十数単語読めるかどうかという感じだ。電車で油断していると字面を追うだけで意味が入ってこなかったり,眠くなったりするので,ある種の苦行になっている(笑

でも,3000語はほぼ知っている単語なので,能動語彙への語彙感覚(語感)を養うという意図で進めていきたい。

IMG_1334.JPG
posted by NOBU at 09:00| Comment(0) | ボキャビル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

スピーキングテストのモニター試験


先日、英検の新しいスピーキングテストにモニターとして参加した。

会場は渋谷だったんだけど、久しぶりだったので、道に迷ったw

午前の一番最初のスロットで参加。約20名ぐらいの参加者がいた。意外に男性、同年代っぽい人も少なくなかったので安心した。

そもそもこのテストは、社会人向けに開発されるようなので、年齢が比較的上なのは当たり前なんだけど。

テストの内容は書けないけど、タブレットを使うテストと対面式テストの二つだった。

タブレットはやや使いにくいけど(入力欄がタブレットキーボードで隠れたりとか)、対面式はIELTSみたいで楽しかった。対面式テストでは似たような問題を2回試された。

対面式テストはかなりSpecificなビジネスシチュエーションが想定されているので、本業にあたれば答えやすいかもと思った。

モニター試験のあとはアンケートに答えて、全体で2時間弱で終了した。

対面式テストは楽しかったので、今後これがどのようにブラッシュアップされて実際に行われるようになるのか、楽しみである。
posted by NOBU at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

とりあえずのDMM英会話

3月29日に帰国した。インターネット,ガス等のライフラインの設定,子どもの中学入学準備等慌ただしく過ごし,昨日から出勤をはじめている。

まだ家庭,仕事,英語の勉強のリズムがつかめず,毎日やることをもれなくこなすことに精一杯だ。

そこで,4月1日からとりあえずDMM英会話だけ復活させた。

本当は語彙,暗唱,英作文をやりたいが,とりあえずリズムを徐々に形成していこうと思っている。

また,6月の英検はパスすることにした。そのかわり,IELTSを受けることにした。




英検ライティングとスピーキング高得点のコツでも述べたけど,英検だとやや知識の発信力みたいなところがあるので,純粋な英語力としてOutput2技能を磨くことを目的に,当面IELTSに焦点をあてることとした。

高額なので何回も受けられないが,とりあえず6月と12月を目処にWとSで7.0以上,Overallで7.5を目指すこととしたい。7以上とれればOutput2技能でもC1レベルということが言えるので。
posted by NOBU at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする