2015年10月31日

英検1級語彙を科学する(派生版)-A Derived Entry in honor of Hiroshi's research result on Eiken vocabularies

Hiroshiさんの英検1級語彙を科学するにinspireされての記事。

これは名エントリーだと思う。英検1級語彙問題に取り組むにあたって,どう勉強すべきか,非常に参考になる。アルク社のSVLシリーズでカバーされている単語が如何に重要か,改めて分かるとともに,アルク社が選ぶ12000語は,英検1級が対象とする新聞,雑誌を読むにあたっては欠かせない語彙だということになる。

アルク社SVLシリーズのもう一つのメリットは,「気持ちがいい」ということ。現代英語に最低限必要なのは12000語とか15000語とかよく言われるけど,どの語彙を12000語マスターすればいいのかわからない。そんなとき,このSVLを使えば,確実にしかも順番に,もれなく重要単語を仕留めることができる。英検のみでなく,英語の語彙力強化をするには最適な単語集だといえる。

さて,そんな無敵なアルクのSVLシリーズがある中で,パス単を使って勉強する意味を考えてみたい。

パス単を勉強するメリットはただ一つ。勉強の効率性だ。

Hiroshiさんの研究によれば,過去12回の語彙問題選択肢数1008個の単語のうち,SVL,パス単それぞれのカバー率は72%,49%である。つまり計算上は,1008語の選択肢単語のうち,726語はSVLに,494語がパス単に掲載されていたと言うことになる。

ここで考えたいのは,本の収録単語数だ。

SVLのVol.3とVol.4で6000単語が含まれている。

パス単では2100単語が含まれている。

単語集を利用して語彙を勉強するという観点からは

SVLで6000単語を勉強して,その単語が語彙問題の選択肢に出てくる確率は12.1%。(726/6000)

パス単の場合は2100語を勉強すると,その単語の23.5%が選択肢に出てくる。(494/2100)

SVLは確かにいい単語本だけど,6000語覚えてもその単語が出る確率はパス単よりも低い。パス単は2100語を覚えるだけだが,出る確率は高い。

つまり,計算上,パス単の一語の価値は,SVLの1.9倍ある

英検1級合格という観点からは,パス単を使うと覚える単語を少なくしつつ語彙問題の合格点をとることも可能。試験を効率的に仕留めるという点からはパス単を使うメリットも捨てがたい。

ただもちろんこれは試験に偏った見方である。

「英語」の語彙増強という観点からはSVLを使う方が,必要かつ重要な単語が順番に覚えられる,しかもその上,英検語彙問題のカバー率が高い。SVLは一冊で二粒おいしい本である。言い換えると,SVLを勉強する方が本当の英語力をつけられるとともに,その結果として英検語彙問題の正答率を上げられる,という語学学習の王道であることは間違いない。

もちろん私は旺文社の回し者ではない(笑)

あ,それから誤解なきよう。Hiroshiさんのエントリーにケチをつける意図はまったくなく,むしろその研究成果にとても敬意を表している。本記事はHiroshiさんの成果から派生した,別の見方を提供しただけであることを付け加えておく。
posted by NOBU at 08:00| Comment(2) | ボキャビル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

IELTSを受けることにした。

IELTS(アイエルツ)を受けることにした。

そもそも受けるつもりはあったんだけど、思いのほか英検一級一次試験突破に時間かかったので、先送りになっていた。

いつ受けようか思案してたところ、職場でIELTS対策講座、試験をやることが決定。対象ではないけど担当課にお願いして参加させてもらうことになった。受験料を払えば、8回の無料対策講座に参加できる。(業務の関係で5,6回参加できるかどうかというところ)

英検からIELTSに頭切り替えるのにちょうどいい。

ただ英検スコアアップには引き続き取り組みたいけど、1/23がIELTS、1/24が英検となってしまうので、どうするか思案中。おっちゃんの体力が2日持つかどうか・・・(笑)
posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

JDHに参加

昨晩、JunさんのJun's Diamonds Hours (JDH)にゲストとして参加した。こういう言い回しをするべきだった、とかの後悔はあるけど、香港から参加されたモコさんのおかげで楽しく参加できた。(香港は学生時代に留学したことがある。以前のエントリ英語勉強の遍歴



Skype模試といい、JDHといい、はたまたブログといい、Junさんには英語学習の点でいい影響、モチベーションをいただいている。

また特に共感できるのが、まさに試験でのスコアにこだわっておられるところ。

私も試験はスコアや成績にこだわっている。

試験は、その試験範囲、特徴という制限はあるが、自分の学習の進み具合、力のつき具合といった自己点検・評価(いわゆるPDCAサイクル)が可能。自学自習で英語力をつけるにはもっとも適した方法だ。

語学は生き物なので、自学自習だと進捗がわからないし、間違えた遠回りな学習になる可能性があるとともに、モチベーションも続きにくい。

もちろん試験には限界があるのも事実。

試験の特徴や対象範囲という限界を乗り越えるには、複数の試験を受けるのがいいと思っている。
posted by NOBU at 19:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

やっぱり瞬間英作文しかないだろう

スピーチでは,ちょっと「お,きちんと表現できているな」と審査員に思わせたいので,有益な表現はすらすら言えるようになりたいものだ。

英会話をしていても,「あ,これ(日本語では浮かんでいる)なんて言えばいいんだろう?」と思うことも多く,結局違う言い方でごまかしたりする。あとで単語を辞書で調べても,それを使って英語らしい表現にできるわけでもない。

つまり日本語で浮かんだ表現や語彙がそのまま英語になれば,表現できるというものでもないし,自然な英語とはいえない。

日本語で思考した内容を英語らしい表現で伝える,このためにはやはり日本語をみて英語にする瞬間英作文しかないだろう,と思う。

ということで,今回2次試験対策を2週間前からはじめて,あらためてDUO 3.0の瞬間英作文に取り組んでいる。はっきりいって相当忘れているのが現状(これがおっちゃんのつらいところだw)。

もう一度1文ずつ基礎からやり直している。
posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | スピーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

スピーキング対策に効率のよい教材はあるのか?

スピーキング教材として,結局英検1級英作文問題の別冊を活用している。

まずその理由の1。すでに一度ディクテーション,リピーティング,音読,暗唱1回などやっている教材なのでなじみが深い。

その2。テーマが30個あるので,それぞれにテーマについて自分で意見をいう材料が提供されている。そしてスピーチに使える有益な表現も多い。

その3。とくにココが重要だが,過去問(2011/3から2013/2の6回分)を確認してみても,30題中8題の問題がで別冊でとりあげられているテーマと関連していることがわかった。

例えば,過去のスピーチトピックと別冊に含まれているテーマで関連が強いものをみてみると


2013-2
Is enough being done to protect the world's ocean from exploitation?
Is there such a thing as a justifiable war?
Agree or Disagree: The news media should be regulated by the government. X1
Is Japan a good role model for the economic development of other nations?
Will nanotechnology have a major impact on our lives in the future?

2013-1
Agree or Disagree: Technological advances have made the world a safer place?
Are performance-enhancing drugs an inevitable part of professional sports?
Can the factory farming of animals be justified? X2
Do the strengths of multicultural societies outweigh the weaknesses?
Can an economic system based on capitalism ever be fair to all?

2012-3
Should the news media be more accountable for what it reports?
Should the Japanese government do more to promote human rights in other countries?
Is the human race in danger of making itself extinct?
Does a college education prepare people for work? X3
Agree or disagree: Higher government spending is the best way to end a recession.

2012-2
Is democracy the best form of government?
Does fashion play an important role in shaping cultural identity?
Can Japan's rural communities be revitalized?
Agree or disagree: Zoos do more harm than good X4
Will religion have a bigger influence on global politics in the future?

2012-1
Agree or disagree: Globalization is good for the world economy?
Are people in today's world becoming more socially isolated?
Can it be justified for one nation to interfere in the internal affairs of another?
Is Japan doing enough to protect its cultural heritage? X5
Should advertising be more strictly regulated? X6

2011-3
Will the gap between rich and poor people in Japan increase in the future?
Has human impact on the natural environment been exaggerated? X7
Agree or disagree: Art makes an essential contribution to society.
Is academic performance the best indicator of future success in life?
Can the costs of space exploration be justified? X8

問題文の最後にXをつけているのが関連するテーマ。別冊で挙げられているものでいうと,
X1 2 Censorship
X2 18 Animal rights
X3 28 Higher Education, 29 Scholarship
X4 18 Animal rights, 27 Ecotourism
X5 15 World heritage Sites
X6 2 Censorship
X7 26 Biodiversity and endangered species
X8 19 Space exploration
である。その他にも一部つかえそうだな〜というのもあるので,この別冊についてはしっかり取り組んでみたいと思う。

これまで,5回ほど音読したあと,そのテーマに関して自分の意見を2つの根拠にもとづいてスピーチする練習を一人でしている。これからも何回も音読して表現を身につけつつ,自分の意見を2分以内に言えるようにしたい。
posted by NOBU at 21:00| Comment(0) | スピーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

ようやく1次通過(英検1級2015年第2回の1次試験結果)

英検1級の1次試験の結果が発表された。

ようやく


英検1級1次合格.jpg

これで2次試験のスピーキングが受けられる。

英検はたしかに値段が安くて4技能の試験が受けられるもっともコストパフォーマンスのよい試験だが,とにかく1次を通過しないことには,スピーキングのテストが受けられないし,3技能のスコアしかもらえない。

全員のスピーキングをテストしてたら英検協会もあの値段だと破産するかもしれない。なにせ年間200万人の受験だから。(スピーキングテストがあるのは1級から3級までだけど。)

つまり1次試験でふるい落とされた人の受験料がスピーキングテストのコストを支えている側面がある。これまで2回1次で落ちてきて,そのたびに

「受験料が〜〜1次合格者のスピーキングテストに使われる〜〜」

と心のなかで悔しがっていた。(心が狭く,金にうるさいwww)

冗談はさておき,過去の点数を振り返ってみると

英検1級過去成績.jpg

自分の点数の伸びもさることながら,

2014-3 62点/77 (合格者平均点84点全体平均点61点)
2015-1 81点/83 (合格者平均点88点全体平均点68点)
2015-2 94点/85 (合格者平均点91点全体平均点72点)

英検1級過去データ.jpg

平均点があがっている。これに助けられた面もある。また平均点上昇の影響で合格最低点が上昇したのだろう。問題が易化したのか,それとも受験者層が向上したのか。

それはさておき,

スコア制も楽しみなので,なんとか2810点を達成したいものだ。過去の傾向をみると,第2回めの合格率は高いので,採点の甘さを期待したい(他力本願w)
posted by NOBU at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

スピーキング練習は1人でもできる

スピーキング練習は1人でもできる,ということに気がついた。(そもそもライティングもそれに気がついたので今回の英検対策ではチケットがあまっているにもかかわらず,英作文のフルーツフルイングリッシュをやらなかった。これについては別記事にでも)

スピーキングって相手がいないと成り立たないので,英会話学校なり,なんなりに通う必要があると思っていた。だからこそ,DMM英会話を始めたわけだけど。。。

スピーキングのスキルをあげるには,話すことが必要だ(←当たり前) ただ必ずしも相手が必要というわけではない。Skype英会話でも,街の英会話でもメリットはただ一つ,話すことを強要される,ということだ。これにより話す訓練がされ,英語をしゃべる口ができてくる,あるいは口が英語になじんでくる。

だったら,自分で自分を強制的に話しするようにすれば,スピーキング力があがるはずだ。

もちろん反論もある。間違えて使っていた語彙,表現を直してもらうという点が英会話学校の魅力だと。

その通りなんだけど,ある程度会話が弾むようになると,先生もわざわざ指摘せずに先に会話が進んでしまう。ここはこう言うべきじゃなかったな,こう言うべきだったんじゃ,とレッスンが終わった後にあとで自分で気づく。

そう,間違いは自分で気づけるし,こう言いたかった,という表現はレッスン後に復習して初めて身につくものであって,先生からの指摘で直るものでもない。

つまり,自分で話してみる,いわゆる独り言でいいので,話すということだ。これどう言うんだろう,というのがあれば,後で調べればよい。ヘタな会話を先生とレッスンするだけでは上達はない。

シンプルに安上がりに済ますなら,「独り言スピーキング」で十分だ。あとは強制力をどう仕込むかである。

と偉そうにいいながら,強制力がないとなかなか進まないので,相変わらずDMM英会話でお気に入りの先生に手伝ってもらいながら,スピーキング練習をして2次対策を進めているが現状(笑)

1人で話すのもいいけど,やっぱり相手の反応がある方が面白いからねww
posted by NOBU at 20:28| Comment(0) | スピーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

合格最低点が高い

久しぶりの更新。15日から4泊5日で中国出張だった。
今日は英検合格最低点の発表日。

最低点は

85点!(◎_◎;)

前回は83点で合格最低点が過去最高になったのに、再度記録を更新したことになる。

前々回が77点だったこと、他の級も最低点が上昇していること、を考えると、この理由には2つあるのではないか。

(1)受験者のレベルアップ
前々回と前回の違いは、英検にスコア制が導入されたこと。今まで受験して合格したら卒業というような人たちが、英語力の維持、確認に再度英検を使うようになったことが考えられる。

またTOEICが人気とはいえ、年間受験者数はTOEICと変わらない200万人台を維持しているし、何といってもTOEICは2技能を計測するのに5000円強、英検は4技能を計測するのに8000円強、というコストパフォーマンスの良さ。

この意味で合格者たちが英検に戻ってきて、受験するので平均点が上がった可能性がある。

(2)問題が素直になった
スコア化のために問題作成時に、奇問難問が入りにくくなったのではないか。問題を作成し内部モニターによって予想正答率を予測した時にあまりに低い問題は、差し替え、作り直しされると考えられる。

その1つの根拠が、前回からリスニングのPART1でリサイクル問題が増えているという点。リサイクル問題を使う理由は、奇問難問が入りにくいし、出題者側も点数も予想できる。

これから過去問の解説が出てくるわけだけど、たぶん解説作る人はやりやすくなるかもしれない。これまで解説読んでも、無理があるだろう、という解説もあったりしたので。

まああくまで仮説。上記は受験者数で、後者は過去問リサイクル数で検証できるだろう。
posted by NOBU at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

スピーキングの練習

英検2次に向けて,どのような勉強をすべきか迷っている。

DMM英会話に再入会したものの,どう活用するか,考えたのはこれ。

(1)以前と同じように,Daily Newsを読んで,ディスカッション。
(ニュース自体に興味がないときは地獄だが,語彙やリーディングにはよい。)

(2)自分で英検1級英作文問題の別冊,30テーマについてスピーチ,コメントもらう。
(過去に暗唱しているので,使えるフレーズが確認できる。ただ英検2次トピックよりはもやっとしたテーマ)

(3)講師に相談する。
(あんまり興味がないものを薦められると,むげに断りにくい(日本人なのでw))

まず,お気に入りの先生にスピーキングテストをしてもらい,今のレベルを確認。(【Advanced】をもらったけど,慣れている先生なのでおまけがついているように思う。でも気持ちいいスタートがきれた。)

2回目のレッスンで,英検という試験受けるんだけど,どうやったらスピーキング力伸びるかな,と素直に相談してみた。(結局,2か3で迷って,3にして,もし講師にいいアイデアがなければ2にしようと思っていた。)

結果,とあるリンクを紹介してくれた。一つは,さまざまなトピックに関するQuestion集(http://help.dmm.com/-/detail/=/qid=29212/),もう一つは英検一級に関するもの。彼曰く,相互にやっていって,2週間である程度スピーキング力をあげ,その後英検に特化していかないかと。

素直に彼に従ってみることにした。
posted by NOBU at 20:12| Comment(0) | スピーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

英検一級解答速報

解答速報が出たので,自己採点。

語彙 24/25
読解 24/26
(空所補充 6/6)
(内容一致 18/20)
リスニング 26/34
(Part1 5/10)
(Part2 9/10)
(Part3 8/10)
(Part4 4/4)
合計 74/85(87%)

難易度はどうだったんだろう?前回の合格最低点は83点という過去最高得点。それと同じになったとしても英作文で10点以上あれば,2次試験に進めるので,一次突破はほぼ間違いないかと。

素直にうれしい。

DMMに再入会したので,徐々にスピーキング対策をしていく。
posted by NOBU at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする